セミナー情報

SEMINAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > 【リバイバル配信】<元金融庁検査官が解説>AML/CFT対応と疑わしい取引の届出を中心としたリスク管理態勢の強化のポイント

【リバイバル配信】<元金融庁検査官が解説>AML/CFT対応と疑わしい取引の届出を中心としたリスク管理態勢の強化のポイント

本セミナーは終了致しました。
受講区分 オンライン
配信期間 2022-12-02(金)13:00 ~ 2023-03-02 (木)13:00
講師
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 弁護士 吉森 大輔 氏
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業
弁護士
吉森 大輔 氏

(よしもり だいすけ)
経歴:2013年12月弁護士登録、2019年から2020年まで財務省関東財務局理財部(金融証券検査官)、2020年から2022年まで金融庁総合政策局リスク分析総括課(専門検査官)、同マネロン・テロ資金供与対策企画室(室長補佐)に在籍。金融庁マネロン・テロ資金供与対策企画室では、AML/CFTガイドライン・FAQの企画および改正、金融機関に対する検査・監督業務等に従事。2022年4月より現職。
資格:AMLスペシャリスト・公認不正検査士
書籍:「反社対策・AML/CFTの統合的対策-「属性」・「資金」双方に着目した組織犯罪対策の実現-(金融法務事情2189号)」、「担当者解説『マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドライン』改正の概要」(同2157号)」、「反社対策とAML/CFTの統合的対策の提言」(銀行法務21 2022年9月増刊号 「金融機関のAML/CFT対応と反社会的勢力対策」)など

概要 ※本セミナーは2022/11/22に開催・収録したセミナーのリバイバル配信です。

マネロン・テロ資金供与・拡散金融対策の基本となる「リスクベース・アプローチ」においては、リスクの特定・評価・低減の順序で整理・検討を行った上、実践していくことが求められています。
しかし、日々、「リスクベース・アプローチ」の実践やリスク管理態勢の高度化に取り組んでいる金融機関にとっては、時に、通常のプロセスとは異なる順序・観点で、自らの取組状況を「点検」することも有益であると思います。
そこで本セミナーでは、リスク低減措置の1つである、疑わしい取引の届出にフォーカスします。疑わしい取引の届出は、届出の状況等を自らのリスク管理態勢の強化にも活用することが求められており、リスクの評価や他のリスク低減措置のほか、リスク管理態勢全体と密に連動する重要な要素になります。
本セミナーは、疑わしい取引の届出態勢について、近年の金融庁の公表資料等を読み解きながら、犯収法や金融庁マネロンガイドラインにおいて求められる内容やリスク管理態勢強化の活用手法を確認・検討することによって、金融機関における自らの「リスクベース・アプローチ」の取組状況やリスク管理態勢全体の「点検」の一助となることを目標としています。
なお、令和4年8月に公表されたFAQ改訂のポイントについても解説いたします。

【本セミナーで得られること】
・「リスクベース・アプローチ」やマネロンリスク管理態勢に関する基礎的な知識と理解
・疑わしい取引の届出態勢(取引モニタリングも含む)について、法令や金融庁ガイドラインが求める内容や趣旨の理解
・FAQ改訂のポイント(リスクの特定・評価、顧客管理)の理解

【推奨対象】
金融機関のリスク管理部門、監査部門、事業会社、システム会社、コンサルティング会社
セミナー詳細 1.FATF審査を受けた金融庁の動向(行政方針含む)と金融機関における対応のポイント

2.リスク管理態勢における、疑わしい取引の届出の位置づけ
(1)リスクベース・アプローチに基づくリスク管理態勢の全体像
(2)リスク管理態勢における疑わしい取引の届出の位置づけ
(3)疑わしい取引の届出の意義・重要性

3.疑わしい取引の届出態勢構築におけるポイント
(1)疑わしい取引の届出態勢の全体像と各プロセスの分類(検知→検討・判断→届出→分析→活用)
(2)「検知」において求められる対応(取引モニタリングによるシステム検知を中心に)
(3)「検討・判断」において求められる対応
(4)「届出」において求められる対応
(5)「分析」において求められる対応
(6)「活用」において求められる対応
 (a) リスクの評価における活用
 (b) 顧客管理(顧客リスク評価)における活用
 (c) 取引モニタリングにおける活用
 (d) 記録の保存・データガバナンスにおける活用
(7)その他、リスク管理態勢強化のための方策の検討

4.FAQ改訂のポイント
(1)リスクの特定・評価
(2) 継続的顧客管理
補足事項 ■開催形式:リバイバル配信(配信期間内は土日祝を含めいつでも何度でも視聴可能です)
■講義時間:約2時間
■視聴案内:お申込み後3営業日以内に「視聴に関するご案内・視聴URL」をお送りします。
■支払期限:お申込みから1か月以内にお支払いをお願いいたします。
____________________________

※配信画面の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。
※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。
※講師との名刺交換は承っておりません。
※講師へのご質問は、ご送付する資料に記載の講師連絡先へ直接ご連絡ください。 
キャンセル
    ポリシー
※お申し込み後のキャンセルはお受けできませんのでご了承ください。
※イベント提供期間に視聴されなかった場合においても受講料のお支払が発生いたします。
※受講料をお支払いただいた方におかれましても、イベント提供期間外の動画提供ならびにご視聴は不可となっております。  
カテゴリ 法務/規制 AML/CFT
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   E-mail : seminar-operation@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
申込規約・全額返金保証の規約
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF
【長期配信】実効的なリスクベース監査の実践に向けて内部監査人が押さえておくべきリスク管理と金融規制のポイント
配信期間  :  2024-01-25(木) ~ 2024-07-25(木)
【長期配信】金融機関におけるモデル・リスク管理の概要と大規模言語モデル(生成系AI)の最新動向
配信期間  :  2023-12-20(水) ~ 2024-06-20(木)
<元金融庁保険課・弁護士が解説>実務担当者のための「少額短期保険業」のすべて
開催日時  :  2024-05-17(金) 13:30~16:30
【リバイバル配信】基礎から学べるプライベートエクイティ等外国籍ファンド投資の法務・税務の留意点
配信期間  :  2024-02-09(金) ~ 2024-05-09(木)
【リバイバル配信】実践的な保険負債の経済価値評価手法の習熟と金利リスクに関する理解
配信期間  :  2024-02-09(金) ~ 2024-05-09(木)
【長期配信】買収ファイナンスにおけるサステナビリティ・リンク・ローンの実務上の重要ポイント
配信期間  :  2023-11-09(木) ~ 2024-05-09(木)
【リバイバル配信】金融機関が押さえるべき経済安全保障リスクと法制のポイント
配信期間  :  2024-02-01(木) ~ 2024-05-01(水)
【長期配信】投資におけるジオポリティカルリスクおよびマネロンを取り巻く最新実務動向
配信期間  :  2023-10-30(月) ~ 2024-04-30(火)
【長期配信】ESG不動産投資と再エネ電源開発の最新動向・データセンターも題材として
配信期間  :  2023-10-26(木) ~ 2024-04-26(金)
【長期配信】生成AIを巡る日欧の法規制および最新動向を踏まえた実務上の対応ポイント
配信期間  :  2023-10-20(金) ~ 2024-04-19(金)
AI法規制がない日本の企業が採るべき重大リスク回避策と、金融機関の役割
開催日時  :  2024-04-18(木) 13:30~16:30
保険業界における「独占禁止法」と「最善利益義務」の対応を踏まえた顧客本位の取組みの実践
開催日時  :  2024-04-12(金) 13:30~15:30
【長期配信】「経済価値ベースのソルベンシー規制」の導入にかかる重要課題と実務対応
配信期間  :  2023-09-29(金) ~ 2024-03-29(金)
【リバイバル配信】生命保険会社の収支構造の分析【最新版】
配信期間  :  2023-12-22(金) ~ 2024-03-22(金)
規制の観点から見る、保険募集を巡る近時のトピックス
開催日時  :  2024-03-21(木) 13:30~16:30
金融機関における外部委託の法務実務とリスク回避対応ポイント
開催日時  :  2024-03-14(木) 13:30~16:30
【長期配信】金融機関における対話型AI(生成AI)の活用・導入とそのリスクへの対応
配信期間  :  2023-09-07(木) ~ 2024-03-07(木)
【リバイバル配信】2023事務年度の金融行政方針を読み解く
配信期間  :  2023-10-04(水) ~ 2024-03-04(月)
【リバイバル配信】【人気講座】バーゼル規制入門
配信期間  :  2023-12-01(金) ~ 2024-03-01(金)
【リバイバル配信】金融機関におけるChatGPTを含む生成AI(ジェネレーティブ)活用の法律実務
配信期間  :  2023-11-27(月) ~ 2024-02-27(火)