過去のセミナー

OLD SEMINIARS
金融セミナーのセミナーインフォ > 過去のセミナー > FATF第四次相互審査に向けたAML/CFT対応の高度化

FATF第四次相互審査に向けたAML/CFT対応の高度化

~フィルタリング、デューデリジェンスの実務とプラクティス~
本セミナーは終了致しました。
受講区分 会場
開催日時 2019-08-28(水) 13:30~16:30
講師 株式会社日本経済新聞社
デジタル事業 情報サービスユニット
ソリューションマネジャー
紙本 雄輔 氏

15年以上に渡り、アンチマネーロンダリング・テロ資金供与対策、信用リスク管理、サプライチェーンマネジメント各分野における、リスク管理ソリューションのコンサルティングおよびセールス・マーケティング業務に従事 2012年ダウ・ジョーンズに入社 リスク&コンプライアンスディレクターとして、AMLフィルタリング業務やカスタマー・デューデリジェンス/第三者デューデリジェンス業務に関するコンサルティング、国内向けサービスコンテンツの企画、講演活動を行う 19年7月、日本経済新聞社に入社し、デジタル事業情報サービスユニットのソリューションマネジャーに就任 日経リスク&コンプライアンスの事業責任者として、同事業の推進を担う

概要 FATF第四次対日相互審査を迎えるにあたり、各金融機関において、AML/CFT対応の高度化が喫緊の課題となっています。特に第四次審査では、有効性審査に力点が置かれており、金融機関はリスクレベルに応じて、適切に顧客管理を行う事を求められています。そこで本セミナーでは、顧客管理において欠かせないフィルタリングやデューデリジェンスの実務にフォーカスし、AML/CFT対応の全体像、フィルタリングに必要なリストの選定基準、効率的なスクリーニング方法、外国送金取引時におけるデューデリジェンス、今後金融機関に求められるトレード・コンプライアンス対応について、具体的事例を交えて解説します。主なアジェンダは以下の通りです。
セミナー詳細 1.FATF第四次相互審査と課題
(1)FATF第四次相互審査の流れとスケジュール
(2)第四次審査に向けた課題
(3)他国の相互審査結果と対日審査後に予想される規制(PEPsの例)

2.AML/CFT対応の全体像
(1)AML/CFTライフサイクル
(2)KYC:「相手方を知る」こと
(3)オンボーディングプロセス、継続的顧客管理の流れ

3.リスク評価とリスク格付
(1)リスクベース・アプローチとリスク要因
(2)リスクの特定、リスク評価、リスク格付

4.スクリーニング/フィルタリング
(1)スクリーニングの種類と目的
(2)スクリーニングポリシー
(3)フィルタリングに必要なリストの考え方と運用事例
(4)照合ルール
(5)フィルタリングの課題と効率的アプローチ

5.デューデリジェンス
(1)リスクレベルに応じたデューデリジェンス
(2)EDDにおけるチェックポイント
(3)実例:外国送金取引におけるデューデリジェンス

6.AML/CFT対応の更なる高度化
(1)トレード・コンプライアンスと銀行ワークフロー
(2)送金電文及び貿易文書に対する確認項目
(3)OFACによる貿易制裁強化と海上輸送に伴うレッドフラグ

7.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCのご使用等はご遠慮ください
カテゴリ
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 050-1751-3239   E-mail : seminar@seminar-info.jp
個人情報の取り扱い・申込規約について
全額返金保証の規約
お問い合わせフォーム
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF

該当データはありません。