過去のセミナー

OLD SEMINIARS
金融セミナーのセミナーインフォ > 過去のセミナー > 金融機関における信用リスク内部監査の実務≪基礎編≫

金融機関における信用リスク内部監査の実務≪基礎編≫

本セミナーは終了致しました。
受講区分 会場
開催日時 2014-06-23(月) 13:30~16:30
講師 あらた監査法人
リスク・アシュアランス部 ディレクター
神崎 有吾 氏

格付投資情報センター(R&I)入社 金融工学研究所にて、信用リスク計量化商品の開発、コンサルティングに従事 2009年より金融庁バーゼルII推進室にて、バーゼルIIに関連する審査を経験 現在は、あらた監査法人にて、大手金融機関を中心に会計監査・内部監査支援、およびコンサルティング業務に従事している 米国公認会計士試験合格

概要 信用リスクの内部監査については、査定を除けば、実に多様なプラクティスが存在しており、標準化がされていないのが実情です。信用リスク管理はデータやノウハウの蓄積に合わせて、休むことなく高度化している一方で、内部監査人は自己資本比率を含むディスクローズ資料の多くに対する責任を負っており、毎年負荷が増しているようです。現在、信用リスクの内部監査については、数字の適切性が生命線ではあるものの、ユーステストやPDCAサイクルの観点から、絶え間ない高度化が求められています。セミナーでは、自社の担当者が自社の内部監査の立ち位置を確認する一方で、何かできるのか、何から手を付けるべきかについて、理解して頂くことを目的としています。
セミナー詳細 1.信用リスク内部監査の全体像
(1)内部監査の範囲
(2)内部監査の深度
(3)(国際化や時代の流れを踏まえた)内部監査アプローチ
(4)統計手法・計量手法を用いた監査

2.格付制度・モデルの監査
(1)データの正確性監査
(2)制度設計の監査
(3)運用状況の監査

3.パラメータの監査
(1)データの正確性監査
(2)制度設計の監査
(3)運用状況の監査

4.ノンリコースローンの監査
(1)資産に対するリスク分解
(2)監査アプローチ

5.信用リスク計量化手法の監査

6.ストレステストの監査

7.自己資本比率の監査

8.質 疑 応 答  ※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい
補足事項 ※ご同業の方からのお申し込みはお断りさせて頂く場合がございますので、ご了承ください。 
カテゴリ
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   E-mail : seminar-operation@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
申込規約・全額返金保証の規約
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF

該当データはありません。