過去のセミナー

OLD SEMINIARS
金融セミナーのセミナーインフォ > 過去のセミナー > 【会場受講】ITベンダーに欺されないためのIT契約とクラウド導入時の法務的問題

【会場受講】ITベンダーに欺されないためのIT契約とクラウド導入時の法務的問題

本セミナーは終了致しました。
受講区分 会場
開催日時 2021-04-15(木) 13:30~16:30
講師
日比谷パーク法律事務所 弁護士 パートナー 上山 浩 氏
日比谷パーク法律事務所
弁護士 パートナー
上山 浩 氏

1981年3月、京都大学理学部卒業 同年4月、富士通入社 大型汎用機用オペレーティングシステムの企画・設計などに携わる 1990年4月、野村総合研究所に入社 1998年10月、司法試験合格 2000年10月、弁護士・弁理士登録 2003年2月、日比谷パーク法律事務所に入所 2014年より、公益財団法人金融情報システムセンター(FISC)において金融機関のクラウド利用、外部委託、オープンAPIに関する有識者検討会委員を務める 実務では特許訴訟など知的財産関連の係争やシステム関係・IT訴訟などを多数経験

概要 クラウドサービスの利用については、情報漏洩の危険性など様々な懸念が示されていたが、近年は様々な分野でクラウドサービスの導入が急速に進んでいる一方で、パブリッククラウドの大規模障害により公共サービスが長期間にわたって停止するなど、クラウドサービス利用のリスクが顕在化している。そこで問題になるのがクラウドサービスの利用契約(約款)だが、損害賠償がほとんど認められないなどユーザにとって問題のある契約になっている場合が多い。また、クラウド上で利用する業務システムの開発契約も、他の取引分野ではあり得ないほどユーザ(発注者)に不利な内容になっていることが多いが、それに気付いていないユーザが大半である。具体的な事例に基づいて問題を詳述し、それに対してどのように対応策すべきかを解説する。
セミナー詳細 1.クラウドサービスの概要
(1)クラウドの種類(パブリック、プライベート、IaaS、SaaSなど)
(2)クラウドサービスのメリットとリスク
 (a)コスト削減、拡張性などのメリット
(3)長期間のシステムダウン、サイバー攻撃による情報流出などのリスク

2.クラウドサービスのリスクが顕在化した事例
(1)AWS大規模障害
(2)CPUの脆弱性問題
(3)ユーザが被る損害

3.クラウドサービス利用契約の留意点と対処方法
(1)損害賠償額を極めて少額に制限する規定
(2)相当の期間、解約を制限する規定
(3)SLA(サービスレベル保証)、SLO(サービスレベル目標)に関する規定
(4)外国裁判所を管轄裁判所とする規定
(5)約款の規定を限定解釈した判例
(6)対応策

4.システム開発契約の留意点と対処方法
(1)ベンダーが要件定義などを失敗した場合でもユーザは対価を支払わざるを得ない規定
(2)成果物に契約不適合(瑕疵)が発見されてもベンダーの責任を問えない規定
(3)準委任では、ベンダーは要件定義書の不備などの結果に責任を負わないのか
(4)対応策

5.質疑応答 ※ 講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。会場受講の場合はPCはお使いいただけません。
補足事項 ※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。 
カテゴリ
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   E-mail : seminar-operation@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
申込規約・全額返金保証の規約
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF

該当データはありません。