過去のセミナー

OLD SEMINIARS
金融セミナーのセミナーインフォ > 過去のセミナー > 金融機関のサードパーティリスク管理

金融機関のサードパーティリスク管理

~従来の外部委託先管理に与える影響とリスクベース管理に向けた基盤構築とモニタリング~
本セミナーは終了致しました。
受講区分 会場
開催日時 2020-03-25(水) 13:30~16:30
講師 有限責任監査法人トーマツ
シニアマネジャー
田宮 秀樹 氏

政府系金融機関勤務後、大手監査法人を経て、監査法人トーマツ入社 金融機関のリスク管理高度化に対するアドバイス及び内部監査支援を実施している 外部委託先管理に関しては、大手保険会社、大手クレジットカード会社、大手地方銀行等に管理態勢構築支援を経験 また、大手金融機関向けにシステムリスク管理高度化支援や内部監査態勢の外部評価業務を実施 主な著作は「銀行員の内部犯罪を防ぐ」(金融ジャーナル、13年12月号)「個人情報保護法改正が外部委託先管理に与える影響」(Financial Regulation 14冬号)「リスク管理は新領域へ」(金融財務事情2018年9月10日号)

概要 近年サードパーティリスクという言葉が聞かれます。金融機関では以前より外部委託先管理として情報漏洩事故や品質面での不備などのリスクを中心に管理してきました。一方、サードパーティリスク管理は一般的に対象先が拡大することが多く、既存の委託先管理での対応に不安を持つ声も聞かれます。また、海外でもオペレーショナル・レジリエンス(強靭化)の視点からサードパーティリスクが注目され、管理のありかたを再検討する傾向にあります。
本セミナーではサードパーティを「業務上の関係や契約を有する組織かつ自社サービスを提供するのに必要な先」と定義します。前半ではサードパーティの定義や委託先管理との類似点、相違点を明確にします。後半では、管理基盤の構築、情報を利用した管理の効率化についてご紹介します。
セミナー詳細 1.サードパーティリスクとは
(1)サードパーティリスクの最近のトピック
(2)サードパーティリスクの定義
(3)サードパーティリスクの管理範囲
(4)オペレーショナル・レジリエンス(強靭化)とサードパーティリスクの関係

2.外部委託先管理とサードパーティリスク管理との相違点
(1)従来の外部委託リスクとの類似点・相違点
(2)サードパーティリスク管理が従来型外部委託先管理に与える影響
(3)サードパーティリスクの把握に必要な要素
(4)サードパーティリスク管理プロセスの整理

3.サードパーティリスク管理基盤の構築~情報の集約と調査準備への展開~
(1)サードパーティと業務リスクの関係
(2)サードパーティの固有リスク評価
(3)リスク評価に基づく予備調査の観点
(4)点検シートの限界と管理手順の成熟度モデル

4.サードパーティリスクのモニタリング~情報の活用とモニタリング~
(1)リスクの可視化とサードパーティ情報の一元管理
(2)自己評価・点検結果からの残余リスクの把握
(3)残余リスクの管理とモニタリング
(4)業務フローを活用したリスクモニタリング

5.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCのご使用等はご遠慮ください
カテゴリ
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   E-mail : seminar-operation@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
申込規約・全額返金保証の規約
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF

該当データはありません。