過去のセミナー

OLD SEMINIARS
金融セミナーのセミナーインフォ > 過去のセミナー > 日本生命保険におけるグループ経営と内部監査の役割・高度化に向けて

日本生命保険におけるグループ経営と内部監査の役割・高度化に向けて

本セミナーは終了致しました。
受講区分 会場
開催日時 2019-01-23(水) 9:30~12:30
講師 日本生命保険相互会社
監査部 グループ監査課長
矢野 陽一郎 氏

1989年日本生命保険に入社 主に海外事業部門や資産運用部門を中心に従事 米国3年、イギリス4年の駐在経験を含め13年間の海外事業部門での経験を有する 2014年度より監査部で国内・海外含むグループ会社への監査企画・運営統括、グループベースのサードライン構築等を担当

概要 国内・海外におけるM&A等を通じグループ事業が急速に拡大・多様化する中で、多種多様な業種・国におけるグループ会社をどのように監査し、彼らの内部統制をどのように評価するか、また、グループ戦略実現や、企業集団の内部統制システム態勢の構築に向け、グループ監査機能統括組織としてグループサードラインをいかに構築し、グループベースの内部統制をどのように監査していくか、という点に関し、日本生命監査部による国内・海外グループ会社への監査高度化へ向けた各種取り組みやグループベースでのサードライン構築へ向けた取り組み紹介を中心に、内部監査協会(IIA)における議論や他社事例等も交えつつ紹介する。
セミナー詳細 1.日本生命のグループ事業について
(1)日本生命グループの現状
(2)グループ事業の特徴とグループ経営推進に向けた取り組み
(3)海外事業展開とグローバルな経営管理態勢構築に向けた取り組み

2.グループ経営の推進と内部監査の役割について
(1)内部監査を巡る環境変化
(2)監査部の現状と高度化に向けた取り組み
(3)グループ経営における内部監査の役割
 (a)各グループ会社の内部統制(ファーストライン)の評価・検証
  (イ)国内グループ会社への監査における課題と取り組み
  (ロ)海外グループ会社への監査における課題と取り組み
 (b)日本生命本体によるグループガバナンス(セカンドライン)の評価・検証
 (c)グループベースの監査機能(サードライン)構築・高度化

3.内部監査を巡る最近のグローバルな議論について
(1)内部統制・ERMのグローバルスタンダードを巡る議論
(2)デジタル化への内部監査部門の対応
(3)その他内部監査を巡る最近の議論

4.グループ経営の発展と内部監査の目指す方向性について
(1)ポスト「検マ」時代における金融機関内部監査の方向性
(2)日本生命グループ内部監査の目指す方向性

5.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCのご使用等はご遠慮ください
カテゴリ
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF

該当データはありません。