過去のセミナー

OLD SEMINIARS
金融セミナーのセミナーインフォ > 過去のセミナー > 日本における医療の未来とヘルスケア・ライフサイエンス業界の現状課題及び展望

日本における医療の未来とヘルスケア・ライフサイエンス業界の現状課題及び展望

本セミナーは終了致しました。
受講区分 会場
開催日時 2016-07-22(金) 13:30~16:30
講師 デロイトトーマツコンサルティング合同会社
ライフサイエンス&ヘルスケア
執行役員パートナー
根岸 彰一 氏

コンサルティング業界において、20年以上の経験を持つライフサイエンス企業に対して研究開発、安全性、メディカルなどの領域において、戦略立案、組織設計、業務機能の強化、IT 構想立案/導入といった幅広いコンサルティング業務を提供している また、クロスボーダー案件についても多くの対応実績を有する

概要 社会情勢の変化や技術の進歩に伴い、大きく変貌を遂げようとしている医療業界。そしてそれを支え、リーディングポジションを狙うライフサイエンス企業が、現状において抱えている課題とその先に見ている未来の姿。多くのライフサイエンス企業はそれらを見据え、厳格化する行政当局による規制を遵守しながらも常に新しさを追求し、改革を実行し続けることが求められます。本講義ではデロイトグローバルの研究による2020年の予測「Healthcare and Life Sciences Predictions2020-A bold future?」を元に日本における現状を加味した上で、これからヘルスケア・ライフサイエンス業界へ参入を考えている方にも分かり易く解説します。
セミナー詳細 1.医療システムの変化
(1)医師と患者間のやり取りのバーチャル化
(2)医療におけるデジタル技術の活用
(3)ウェアラブルデバイスの活用

2.医療ビッグ・データの活用
(1)ビッグ・データ活用の広がりに伴う医療の質・効率の向上
(2)ビッグ・データ共有インフラへの期待と投資の拡大
(3)データの蓄積とヘルスケアIT

3.変化する規制への対応と安全性の確保
(1)技術の進歩と規制の追随
(2)規制遵守を見据えた業界共通インフラ整備の見通し
(3)安全性の確保とベネフィットの追及

4.コーポレート・レピュテーションへの対応
(1)多様化するチャネルとレピュテーション
(2)レピュテーションに関わるリスク管理
(3)グローバルレベルでのレピュテーションへの対応

5.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください
カテゴリ
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   E-mail : seminar-operation@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
申込規約・全額返金保証の規約
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF

該当データはありません。