過去のセミナー

OLD SEMINIARS
金融セミナーのセミナーインフォ > 過去のセミナー > 金融機関における内部監査技術の高度化と本部部門に対する機能監査≪金融内部監査シリーズ 実践編≫

金融機関における内部監査技術の高度化と本部部門に対する機能監査≪金融内部監査シリーズ 実践編≫

本セミナーは終了致しました。
受講区分 会場
開催日時 2013-05-17(金) 13:30~16:30
講師 東京国際コンサルティング株式会社
代表取締役
青木 茂幸 氏

銀行、保険会社、金融商品取引業者など300社を超える金融機関等に対して本邦規制、リスク管理態勢の整備、内部監査支援、内部監査機能評価等のサービスを提供。
東京大学法学部卒。三菱信託銀行、経済企画庁を経て現職。日本内部監査協会金融内部監査士試験委員。損害保険協会、日本証券業協会、第二地方銀行協会、東京証券取引所等での講演・研修多数。

概要 金融機関における内部監査機能の重要性は年々高まっているが、そうした中でも依然困難な課題が残るのが本部の統括機能に対する監査である。そこで監督当局の最新の問題意識も踏まえつつ、本部部門の統括機能監査の課題と効果的な対応策について実践的な解説を行うものである。
セミナー詳細 1.内部監査機能強化に関する監督・検査当局の問題意識
(1)監督・検査部局の資料等から読み取る問題意識
(2)最近の検査指摘事例、処分事例と内部監査機能強化のポイント

2.内部監査技術の高度化と本社部門監査の共通課題
(1)潜在的なリスクの見極めとそのアセスメントの技術とは 
(2)課題の分析、構造的な把握のためのスキルとは
(3)マネジメントへの効果的な報告・説明の技術とは 
(4)内部監査の専門人材育成の重要性
(5)本部機能監査の重要性の意味とは
(6)本部統括部門の機能監査と支店・支社監査をどう連携させるか 

3.本部統括機能を例とした監査のポイント
(1)営業推進・販売統括機能
 ~統括部門の役割、機能 
 ~支店・支社、代理店の抽出方法、統制プロセスの実効性
(2)各種リスク管理機能
 ~統合リスク管理態勢(リスクの定義、統合の考え方・手法、報告プロセス)
 ~計量化可能なリスクの管理態勢(計測モデル、その評価、限界)
(3)外部委託管理機能
 ~外部委託先の範囲、特定の考え方  
 ~外部委託先情報の把握
 ~所管部門による外部委託先管理の内容、プロセス 
 ~顧客情報等の統制プロセス
(4)法務コンプライアンス統括機能
 ~企業倫理の管理、チェック・統制機能

4.質 疑 応 答  ※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい
カテゴリ
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF

該当データはありません。