セミナー情報

SEMINIAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > 1日で基礎から学ぶアセットファイナンス、プロジェクトファイナンスの法務

1日で基礎から学ぶアセットファイナンス、プロジェクトファイナンスの法務

本セミナーは終了致しました。
受講区分 会場
オンライン
開催日時 2021-07-07(水) 9:30~16:30
講師
弁護士 酒井 俊和 氏
弁護士
酒井 俊和 氏

株式会社四国銀行 社外取締役
1995年横浜国立大学大学院国際経済法学研究科卒業 1999年弁護士登録 2003~2004年株式会社東京三菱銀行出向、 2015年アンダーソン・毛利・友常法律事務所スペシャル・カウンセル 2020年3月ウィザーズ弁護士法人スペシャル・カウンセル就任、2020年6月株式会社四国銀行社外取締役就任、2020年2月株式会社病理学アソシエイツ法務部長就任 専門分野は、ストラクチャード・ファイナンス、プロジェクトファイナンス、バンキング、アセット・マネジメント、金融規制など 主な著作は『ファイナンス法 ? 金融法の基礎と先端金融取引のエッセンス』(商事法務、2016年)

概要 不動産ファイナンスを含む各種アセットファイナンスやプロジェクトファイナンスは、その引き当てとなる各資産や事業の特性に応じて、それぞれ独自の仕組みと特徴を有する。他方、これらはSPVを利用した(広義の)ストラクチャード・ファイナンス又はノンリコース・ファイナンスとして、その仕組みの基本的考え方や知識には共通する部分も多い。これらの共通点を理解することにより、個々の取引に固有のスキームや特徴を本質的に理解することが可能となる。
本講演では、著書『ファイナンス法』で各種アセットファイナンスやプロジェクトファイナンスに共通する総論を体系的に解説した講師が、不動産ファイナンス、航空機ファイナンス、船舶ファイナンス、太陽光発電プロジェクトファイナンスを題材として、アセットファイナンス、プロジェクトファイナンスの基礎とその実務を解説する。第一部では、まず、これらの取引に共通する基本概念、仕組みの基本的考え方と契約書実務の基礎を説明する。第二部では、第一部で解説した知識をベースとして、これらの取引における共通点と相違点を比較しつつ、個々の仕組みの基本構造と特徴につき実務的な説明を行う。なお、昨年からのコロナ不況の影響により、これらの取引のデフォルト対応が発生することも予想されることから、第一部では倒産法の基礎知識とファイナンス実務と関連の深い倒産法の重要論点を説明し、第二部では各種スキームのデフォルト時の対応における共通点と相違点についても解説を行う。
なお、昨年度も同テーマでの講演を行っているが、昨年度は入門者向けの基礎編にウェイトを置いた解説を行った。本年度も基本から分かりやすくという基本コンセプトに変更はないが、本年度は契約書実務に関する解説を加えることにより、実務により比重を置いた解説を行う予定である。


【この講座で得られること】
・ファイナンス全般に関する基礎的な知識と理解
・アセットファイナンス、プロジェクトファイナンスの組成に関する基本的な考え方
・アセットファイナンス、プロジェクトファイナンスに関連する金融規制、税務、会計の基礎知識
・不動産ファイナンス、航空機ファイナンス、船舶ファイナンス、太陽光発電プロジェクトファイナンスの基本的な仕組みと法務・税務の基礎知識
・不動産ファイナンス、航空機ファイナンス、船舶ファイナンス、太陽光発電プロジェクトファイナンスの契約書実務の基礎知識
・不動産ファイナンス、航空機ファイナンス、船舶ファイナンス、太陽光発電プロジェクトファイナンスのデフォルト時における実務対応
セミナー詳細 9:30~12:30
【第一部】アセットファイナンス、プロジェクトファイナンスの基礎

1.アセットファイナンス、プロジェクトファイナンスとは?
(1)ファイナンスとは?:ファイナンスの意義と特徴
(2)アセットファイナンスとは?
(3)プロジェクトファイナンスとは?

2.アセットファイナンスとプロジェクトファイナンスに共通の考え方
(1)コーポレートファイナンスとの比較
 (a)ファイナンス手法の分類
 (b)責任財産とファイナンス手法の関係
(2)ストラクチャード・ファイナンス(広義)
 (a)ファイナンス手法としてのメリット・デメリット
 (b)アセットファイナンスとの関係
 (c)プロジェクトファイナンスとの関係
(3)ノンリコース・ファイナンス
 (a)目的
 (b)アセットファイナンスとの関係
 (c)プロジェクトファイナンスとの関係
 (d)ファイナンス手法としてのメリット・デメリット

3.アセットファイナンスとプロジェクトファイナンスに共通の法務
(1)責任財産: 責任財産の範囲とノンリコース・ファイナンス
(2)SPV
 (a)利用目的
 (b)SPVと信用リスク
 (c)クレジット・エンジニアリングに必要な「仕組み」:倒産隔離
 (d)SPVの種類
 (e)移転型と独立プロジェクト型
(3)ファンド
 (a)ファンドの構成要素と諸概念
 (b)金商法上のファンド規制
 (c)株式会社と投資ファンド
 (d)運用型と流動化型
 (e)投資ファンドの法形式
(4)ローン
 (a)アセットファイナンス/プロジェクトファイナンスとローン
 (b)ローンに関する重要概念
 (c)シンジケート・ローン
(5)担保
 (a)アセットファイナンス/プロジェクトファイナンスと担保: 全資産担保の原則
 (b)担保権の種類
 (c)担保目的物
 (d)担保権の実行手続
 (e)担保的機能:損害担保契約(Indemnity)、相殺など
 (f)担保権の対抗要件
 (g)セキュリティエージェントとセキュリティトラスト
(6)金融規制法
 (a)金融規制の種類
 (b)金融業と金融機関
(7)クロスボーダー法務:国際私法と国際民事訴訟法
 (a)国際私法(狭義)
 (b)国際民事訴訟法
(8)ファイナンスと倒産法
 (a)法的整理と私的整理
 (b)倒産実体法と倒産手続法
 (c)倒産実体法[1]:倒産隔離のためのスキームの効力
    劣後特約、責任財産限定特約、真正譲渡、倒産申立権放棄特約、倒産解除条項など
 (d)倒産実体法[2]:リース契約の倒産法上の取扱い(レッシー倒産)
 (e)国際倒産

4.アセットファイナンスとプロジェクトファイナンスに共通の契約書実務
(1)契約書実務総論
(2)ローン契約
(3)担保契約
(4)匿名組合契約
(5)売買契約
(6)請負契約
(7)賃貸借契約/リース契約
(8)各種サービスプロバイダーとの契約(AM契約、PM契約、O&M契約)
(9)英文契約書作成時の注意点

5.質疑応答


13:30~16:30
【第二部】アセットファイナンス、プロジェクトファイナンスの実務

1.不動産ファイナンス
(1)不動産ファイナンスとは?
 (a)不動産ファイナンスの類型
  ・コーポレートファイナンス
  ・ストラクチャード・ファイナンス(広義)
 (b)基本スキーム
  ・GK-TKスキーム
  ・TMKスキーム
 (c)スキーム概要
  ・ファイナンス関係
  ・プロジェクト関係
(2)不動産ファイナスの特徴
 (a)証券化:移転型
 (b)プロジェクト収益
 (c)SPCの倒産隔離
 (d)二重課税の排除
 (e)スポンサー(エクイティ投資家)の責任の範囲
 (f)不動産(アセット)に関連する特徴
(3)当事者・関連契約
 (a)関係当事者
 (b)ファイナンス関連契約
 (c)プロジェクト関連契約
(4)ローン/社債・担保
(5)仕組み上の重要なポイント
 (a)スキームのバリエーション
 (b)倒産隔離とノンリコース性の強弱
 (c)資産の移転に伴うリスク(移転型)
 (d)税務との関係
 (e)信託の利用
 (f)金融規制との関係
(6)契約書実務上の重要なポイント
(7)デフォルト時の対応

2.航空機ファイナンス・船舶ファイナンス
【航空機ファイナンス】
(1)航空機ファイナンスとは?
 (a)航空機ファイナンスの類型
  ・コーポレートファイナンス
  ・ストラクチャード・ファイナンス(広義)
   (i)ファイナンス・リース
   (ii)オペレーティング・リース
  ・タックス・リースとレバレッジドリース
  ・JLLとJOLCO
 (b)基本スキーム(JOLCO)
 (c)スキーム概要(JOLCO)[1]: ファイナンス関係
 (d)スキーム概要(JOLCO)[2]: プロジェクト(航空機)関係
(2)航空機ファイナンス(JOLCO)の特徴
 (a)独立プロジェクト型(JOLCO)
 (b)プロジェクト収益
 (c)タックス・リース
 (d)レッシー(航空会社)のコールオプション
 (e)SPCの倒産隔離
 (f)エクイティ投資家(リース会社)の責任の範囲
 (g)リース契約とローン契約の関係
 (h)不動産(アセット)に関連する特徴
(3)当事者・関連契約
 (a)関係当事者(JOLCO)
 (b)ファイナンス関連契約
 (c)航空機関連契約
(4)ローン・担保
(5)仕組み上の重要なポイント
 (a)スキームのバリエーション
 (b)倒産隔離とノンリコース性の強弱
 (c)航空会社(レッシー)の信用リスクなど
 (d)税務との関係
 (e)金融規制との関係
 (f)クロスボーダー・ファイナンス
(6)契約書実務上の重要なポイント
(7)デフォルト時の対応
【船舶ファイナンス】
(1)船舶ファイナンスとは?
 (a)船舶ファイナンスの理論的類型
  ・コーポレートファイナンス
  ・ストラクチャード・ファイナンス(広義)
 (b)基本スキーム(便宜置籍船)
 (c)スキーム概要(便宜置籍船)[1]: ファイナンス関係
 (d)スキーム概要(便宜置籍船)[2]: プロジェクト(船舶)関係
(2)船舶ファイナンス(便宜置籍船)の特徴
 (a)独立プロジェクト型
 (b)プロジェクト収益
 (c)SPCの倒産隔離
 (d)エクイティ投資家(船会社)の責任の範囲
 (e)傭船契約とローン契約の関係
 (f)船舶(アセット)に関連する特徴
(3)基本スキーム・当事者
 (a)関係当事者
 (b)ファイナンス関連契約
 (c)船舶関連契約
(4)ローン・担保
(5)仕組み上の重要なポイント
 (a)スキームのバリエーション
 (b)倒産隔離とノンリコース性の強弱
 (c)傭船者の信用リスクなど
 (d)税務との関係
 (e)金融規制との関係
 (f)クロスボーダー・ファイナンス
(6)契約書実務上の重要なポイント
(7)デフォルト時の対応

3.プロジェクトファイナンス
(1)プロジェクトファイナンスとは?
 (a)基本スキーム(GK-TKスキーム)
 (b)スキーム概要[1]: ファイナンス関係
 (c)スキーム概要[2]: プロジェクト関係
(2)プロジェクトファイナンスの特徴
 (a)独立プロジェクト型
 (b)プロジェクト収益
 (c)SPCの倒産隔離
 (d)二重課税の排除
 (e)スポンサーの責任の範囲
 (f)太陽光発電事業に関連する特徴
(3)当事者・関連契約
 (a)関係当事者
 (b)ファイナンス関連契約
 (c)プロジェクト関連契約
(4)ローン・担保
(5)仕組み上の重要なポイント
 (a)スキームのバリエーション
 (b)倒産隔離とノンリコース性の強弱
 (c)事業の遂行(独立プロジェクト型)に伴うリスク
 (d)税務との関係
 (e)金融規制との関係
 (f)再生可能エネルギー・プロジェクトに固有の問題
(6)契約書実務上の重要なポイント
(7)デフォルト時の対応

4.質疑応答
補足事項 ※個人の方ならびに、業種・業務内容等により参加をご遠慮いただく場合がございます。
※ 講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。会場受講の場合はPCはお使いいただけません。
【オンライン受講の方】
※開催1営業日前の13時にメールで視聴URLとPDF資料のご案内をお送りします。
※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。
※アーカイブ配信期間は開催2営業日後13時から5営業日後の13時まで(土日祝除く)となります。配信期間内でしたら、お好きな時間に繰り返しご視聴が可能です。

※回数券を使用して当セミナーにお申込されます場合、2回分の回数券が必要となります。
※会場でご受講のお客さまには昼食をご用意いたします。 
キャンセル
    ポリシー
キャンセル期限は会場、オンライン受講ともに開催1営業日前の12時です。 
カテゴリ ストラクチャードファイナンス オンライン受講 会場受講
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 050-1751-3239   E-mail : seminar@seminar-info.jp
個人情報の取り扱い・申込規約について
全額返金保証の規約
お問い合わせフォーム
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF
【金融機関における内部監査実務シリーズ・知識習得第2回】本邦金融機関における効果的なリモート監査の実践手法
開催日時  :  2021-12-17(金) 13:30~16:30
【金融機関における内部監査実務シリーズ・知識習得第1回】 本邦金融機関における効果的なアジャイル型監査へのアプローチ
開催日時  :  2021-11-24(水) 13:30~16:30
海外におけるデジタルバンクの先進事例
開催日時  :  2021-11-18(木) 13:30~16:30
【会場受講限定】第4回【2日間開催】【データサイエンス・ヘルスケア編】リアル医療データを用いたPython予測モデリングの実践
開催日時  :  2021-11-05(金) 9:30~12:30
【アーカイブ・全10回】アクチュアリー1次試験対策講座《年金数理》2021年度合格目標
開催日時  :  2021-10-31(日) 23:59~23:59
【アーカイブ・全10回】アクチュアリー1次試験対策講座《損保数理》2021年度合格目標
開催日時  :  2021-10-31(日) 23:59~23:59
【アーカイブ・全10回】アクチュアリー1次試験対策講座《生保数理》2021年度合格目標
開催日時  :  2021-10-31(日) 23:59~23:59
【アーカイブ・全10回】アクチュアリー1次試験対策講座《数学》2021年度合格目標
開催日時  :  2021-10-31(日) 23:59~23:59
第3回【データサイエンス実務応用】Pythonで手を動かして学ぶ!はじめての深層学習
開催日時  :  2021-10-22(金) 9:30~16:30
【金融機関における内部監査実務シリーズ・スキルアップ第4回】令和3事務年度金融行政方針に対応した内部監査の課題および解決手法
開催日時  :  2021-10-20(水) 13:30~16:30
保険購買者の心理の研究と保険募集の将来
開催日時  :  2021-10-13(水) 13:30~16:30
第2回【データサイエンス実務基礎】Pythonで手を動かして学ぶ!はじめての機械学習
開催日時  :  2021-10-08(金) 9:30~16:30
日本におけるマネーロンダリング・テロ資金供与対策の課題
開催日時  :  2021-09-30(木) 14:00~17:00
チューリッヒ生命とエヌエヌ生命によるCX改革の全貌
開催日時  :  2021-09-30(木) 9:30~12:30
【金融機関における内部監査実務シリーズ・スキルアップ第3回】経営監査に向けた根本原因分析のキーポイント
開催日時  :  2021-09-29(水) 13:30~16:30
金融業のデジタル化・高度なUX提供に向けた次世代技術の活用
開催日時  :  2021-09-29(水) 9:30~12:00
東南アジア金融機関におけるデジタル最前線
開催日時  :  2021-09-28(火) 13:30~16:30
コミュニケーションスキル実践演習
開催日時  :  2021-09-27(月) 13:30~17:30
ガイドラインを踏まえた金融機関における 個人情報保護法改正の実務対応
開催日時  :  2021-09-24(金) 13:30~16:30
FATF第4次対日相互審査結果を踏まえたAML/CFT対策
開催日時  :  2021-09-24(金) 9:30~12:30
地域金融機関における内部監査高度化及びテクノロジーの活用
開催日時  :  2021-09-22(水) 13:30~16:30
<事例を踏まえて解説>3時間で学ぶ金融機関システム開発の最新動向
開催日時  :  2021-09-22(水) 9:30~12:30
第1回【データサイエンス実務入門】Pythonで手を動かして学ぶ!はじめてのデータ分析・予測モデリング
開催日時  :  2021-09-21(火) 9:30~16:30
ニュー・ノーマルにおける信用リスク予兆管理
開催日時  :  2021-09-16(木) 13:30~17:30
秘密計算技術の概要とユースケース
開催日時  :  2021-09-16(木) 9:30~12:30
【EXECUTIVE SYMPOSIUM】地域金融機関の持続可能な経営戦略と地銀連携の取り組み
開催日時  :  2021-09-15(水) 13:00~17:10
りそなホールディングスにおける顧客接点強化およびデータ活用の取り組み
開催日時  :  2021-09-14(火) 13:30~16:30
不祥事の事例を用いたケーススタディと内部通報制度高度化・ハラスメント相談窓口の実務ポイント
開催日時  :  2021-09-14(火) 9:30~12:30
マルチタスクハンドリング実践演習
開催日時  :  2021-09-13(月) 13:30~17:30
2021年版―医薬・ヘルスケア分野におけるデータ保護・活用のあり方
開催日時  :  2021-09-10(金) 13:30~16:30
必然性が高まる経営指針「インテグリティ」
開催日時  :  2021-09-10(金) 9:30~12:30
カーボンプライシングを中心とした脱炭素関連制度の最新動向
開催日時  :  2021-09-09(木) 13:30~16:00
コンダクトリスク管理・カルチャー改革の実践
開催日時  :  2021-09-09(木) 9:30~12:30
金融機関のサードパーティリスク管理
開催日時  :  2021-09-08(水) 13:30~16:30
プライベートエクイティ等外国籍ファンド投資の法務と税務
開催日時  :  2021-09-08(水) 9:30~12:30
洋上風力発電プロジェクトの開発及びプロジェクトファイナンスに関する法規制・契約上の留意点
開催日時  :  2021-09-03(金) 13:30~16:30
金融機関における外国人取引の 最新動向と実務対応のポイント
開催日時  :  2021-09-02(木) 9:30~12:30
金融機関によるアグリ・フードビジネスへの投融資に関する新潮流と法的問題点
開催日時  :  2021-09-01(水) 13:30~16:30
クラウドサービスのリスクとサービス利用契約に関する法務的問題
開催日時  :  2021-08-31(火) 13:30~16:30
【金融機関における内部監査実務シリーズ・スキルアップ第2回】経営監査に向けたアシュアランスのキーポイント
開催日時  :  2021-08-30(月) 13:30~16:30
【ベネッセスタイルケアと三菱UFJ信託銀行が語る】 超高齢社会におけるヘルスケアビジネスの最新動向と取り組み
開催日時  :  2021-08-30(月) 9:30~12:30
金融機関におけるALMの基本概念と実務演習
開催日時  :  2021-08-27(金) 13:30~16:30
【2020年改正個人情報保護法】政令・規則とガイドライン案を踏まえた実務対応ポイントと留意点
開催日時  :  2021-08-27(金) 9:30~12:30
AI/アナリティクスの活用によるマネロン対策の高度化
開催日時  :  2021-08-26(木) 13:30~16:30
地域金融機関における銀行業高度化等会社の実務と今後の展望
開催日時  :  2021-08-26(木) 9:30~12:30
キャッシュレス決済とEmbedded Financeの最新動向と今後の展望
開催日時  :  2021-08-25(水) 13:30~16:30
金融、保険サービスがクラウドを活用するための 最低限必要な最新知識
開催日時  :  2021-08-24(火) 13:30~17:30
地銀にとって10年後の勝ち筋は何か
開催日時  :  2021-08-23(月) 13:30~16:30
金融機関における機関投資家の視点を踏まえたサステナビリティ対応とTCFD開示
開催日時  :  2021-08-20(金) 13:30~16:30
資金決済と金融仲介を取り巻く法務で押さえておくべきポイント
開催日時  :  2021-08-19(木) 13:30~16:30
アフターコロナ最新動向とビッグ・テックがもたらすビジネス未来予測
開催日時  :  2021-08-10(火) 9:30~12:30
元金融庁検査官から見たシステムリスク管理態勢に係る問題点と改善施策
開催日時  :  2021-08-06(金) 13:30~16:30
スマートシティ/スーパーシティ構想において金融機関が果たす機能・役割
開催日時  :  2021-08-04(水) 13:30~16:30