セミナー情報

SEMINIAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > 再生可能エネルギー事業のM&A及び流動化による資金調達

再生可能エネルギー事業のM&A及び流動化による資金調達

本セミナーは終了しました。
開催日時 2018-10-23(火) 13:30~16:30
講師 TMI総合法律事務所
パートナー弁護士
深津 功二 氏

1988年東京大学法学部卒業、11年の社会人生活を経て、2004年弁護士登録、07年よりTMI総合法律事務所勤務 14年1月パートナー就任 主な業務分野は、再生可能エネルギープロジェクト、プロジェクトファイナンス等の金融全般、エネルギー関連案件等 主な著書・論文は、「再生可能エネルギーの法と実務」(民事法研究会、2013)、「電力システム改革と再生可能エネルギー」(Law and Technology No.62(2014年1月)、「太陽光発電ABLの法務と実務上の留意点」(銀行実務44巻7号(2014年7月) )、「再生可能エネルギー発電事業のM&A」(電気新聞2017年8月22日~28日)

補足事項 ※講師とご同業にあたる方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。 
概要 近時、再エネ発電設備の売買や、発電設備を保有する特別目的会社(SPC)の株式譲渡、SPCの吸収分割等といったM&A案件が急増しています。これらの取引においては、税務面を含め、それぞれの取引態様のメリット・デメリットを把握しておく必要があります。
また、資金調達のために再エネ発電設備を流動化(証券化)する案件も、特にGK-TKスキームを使ったものが増加しています。
いずれの場合も、対象となる発電設備をめぐる契約上の権利関係や認定、許認可等についてしっかり確認しなければなりません。
本セミナーでは、再エネ事業のM&Aや、発電設備の流動化について、実務に則して解説します。
セミナー詳細 1.再生可能エネルギー発電事業のM&A
(1)事業譲渡、株式譲渡、吸収合併における留意点
(2)各取引態様の税務(法人税、登録免許税、印紙税等)
(3)各取引態様のメリット・デメリット

2.発電設備の流動化~GK-TKスキームを中心に
(1)発電設備の流動化の態様
(2)匿名組合契約における留意点
(3)各流動化態様の税務
(4)各流動化態様のメリット・デメリット

3.対象となる発電設備の留意点
(1)土地の権利関係についての留意点
 (a)所有者が不在の場合
 (b)所有者が不明の場合
(2)認定についての留意点
 (a)適用される調達価格は?
 (b)認定の失効・取消
(3)許認可についての留意点
(4)既存契約(EPC契約、O&M契約、燃料供給契約等)についての留意点

4.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください
カテゴリ 法務・規制・リスク管理
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF
外国籍ファンドにおける法務上・税務上の重要ポイント
開催日時  :  2019-01-25(金) 9:30~12:30
新時代に入った金融検査・監督と金融機関の取り組むべき課題
開催日時  :  2018-12-20(木) 9:30~12:30
ビッグデータ・個人情報の流通に関する新たな仕組みと契約実務
開催日時  :  2018-12-14(金) 13:30~16:30
【金融リスク管理高度化対応実務】信用格付制度によるポートフォリオ信用リスク管理業務の基本と今後の展望
開催日時  :  2018-12-13(木) 9:30~12:30
金融機関におけるデータを活用した継続的監査・モニタリング態勢の構築
開催日時  :  2018-12-12(水) 13:30~16:30
金融機関の事務リスク管理におけるチェックリストの形骸化防止と事務ミス発見に役立つポイント
開催日時  :  2018-12-12(水) 9:30~12:30
保険会社と保険代理店における顧客情報管理の事例検討Q&A
開催日時  :  2018-12-11(火) 13:30~16:30
相続法改正に伴う金融機関の実務対応
開催日時  :  2018-12-06(木) 9:30~12:30
【メガセミナー】国内外における金融規制の動向とFinTechの未来
開催日時  :  2018-12-05(水) 13:30~16:30
基礎から学ぶAI融資におけるスコアリングモデルの活用のポイント
開催日時  :  2018-12-04(火) 13:30~16:30
最近の不祥事から見た、金融行政方針下における内部管理・監査態勢の在り方
開催日時  :  2018-12-03(月) 13:30~16:30
ICSの開発経緯と今後の見通し、 IFRSおよびソルベンシーIIとの関係
開催日時  :  2018-11-30(金) 9:30~12:30
航空機ファイナンスの実務
開催日時  :  2018-11-29(木) 13:30~16:30
金融機関のコンダクトリスク管理高度化への実務とリスクカルチャーの醸成
開催日時  :  2018-11-29(木) 9:30~12:30
AI・アルゴリズム高速トレードにおけるリスク管理高度化対応実務の最前線
開催日時  :  2018-11-27(火) 13:30~16:30
金融サービスにおけるサイバーセキュリティの最前線
開催日時  :  2018-11-27(火) 9:30~12:30
金融機関におけるデジタル時代の新たなリスク管理とITガバナンス構築の実務
開催日時  :  2018-11-21(水) 9:30~12:30
【DOKODEMO】【リスク管理実務高度化対応】短期金利指標としてのLIBORが内包する諸問題
開催日時  :  2018-11-20(火) 9:30~12:30
【リスク管理実務高度化対応】短期金利指標としてのLIBORが内包する諸問題
開催日時  :  2018-11-20(火) 9:30~12:30
金融庁公表の新方針「変革期における金融サービスの向上にむけて」を読み解く
開催日時  :  2018-11-16(金) 10:00~12:30
【2日間開催】全社的リスクマネジメント入門
開催日時  :  2018-11-15(木) 10:00~16:30
不動産デュー・ディリジェンスの基礎知識とオリンピック前後の不動産マーケット見通し
開催日時  :  2018-11-13(火) 13:30~16:30
マネーロンダリング/不正対策・KYC におけるデータ管理と活用の実務
開催日時  :  2018-11-12(月) 13:30~16:30
東京海上日動火災保険における内部監査の高度化に向けての取組み
開催日時  :  2018-11-08(木) 13:30~16:00
【DOKODEMO】平成30事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」等が保険会社・保険代理店に及ぼす影響
開催日時  :  2018-11-07(水) 9:30~12:30
平成30事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」等が保険会社・保険代理店に及ぼす影響
開催日時  :  2018-11-07(水) 9:30~12:30
投資家の立場からみた組合型投資ファンドの法務
開催日時  :  2018-11-02(金) 9:30~12:30
航空機ファイナンスにおけるリポゼッション(取戻し)の諸問題
開催日時  :  2018-10-31(水) 13:30~16:30
損保ジャパン日本興亜の営業店監査にみる内部監査の高度化事例
開催日時  :  2018-10-30(火) 13:30~16:00
FinTechの進展とリテール決済ビジネスの現状と展望
開催日時  :  2018-10-29(月) 13:30~16:30
保険代理店に求められる態勢整備の実務対応
乗合代理店が整備すべき態勢上の留意点
保険代理店の態勢整備における実務上の留意点
メルマガ登録 テーマで探す
  • 法務・規制・リスク管理
  • 事業戦略・マーケティング
  • 会計・税務
  • 金融技術コース
業界で探す
  • 銀行
  • 保険
  • 証券・アセットマネジメント
  • リース・カード
FINANCE FORUM ニュースリリース
セミナー回数券 Fun to share 認定コンプライアンス・オフィサー