セミナー情報

SEMINIAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > 平成29事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」が保険会社・保険代理店に及ぼす影響

平成29事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」が保険会社・保険代理店に及ぼす影響

このセミナーに申し込む
開催日時 2018-03-28(水) 13:30~16:30
講師 のぞみ総合法律事務所
パートナー弁護士
公認不正検査士(CFE)
吉田 桂公 氏

2002年11月司法試験合格。03年3月東京大学法学部卒業。04年10月のぞみ総合法律事務所入所。06年4月~07年3月日本銀行決済機構局(決済企画担当)、07年4月~09年3月金融庁検査局(専門検査官)に出向。09年4月のぞみ総合法律事務所復帰。
主要取扱業務は、金融レギュレーション(保険業法、銀行法、金融商品取引法等)、企業のコンプライアンス態勢構築、訴訟・金融ADR対応、調査委員会活動等。保険会社(生保、損保)、保険代理店、保険仲立人、銀行等のコンプライアンス態勢(内部規程、組織体制等)の構築支援等を多数手がける。
著書等として、「新しい保険募集と販売ルールまるわかり 募集ルール編」(近代セールス社)、「改正保険業法における保険代理店の実務対応上の留意点」(金融法務事情2021号~2024号、2026号)、「実務必携 金融検査事例集の解説」(金融財政事情研究会)、「営業店のためのよく分かるフィデューシャリー・デューティー」(全国地方銀行協会)、「フィデューシャリー・デューティ理解講座(通信講座)」(銀行研修社)、「全面改訂 コンプライアンス実践コース 第1分冊~第3分冊」(全国地方銀行協会)ほか多数。保険会社・保険代理店・保険仲立人・銀行等の社内研修も多数担当しており、金融庁での研修実績も有する(検査官向けに、改正保険業法について解説)。

参加費 web申込み35,550円(FAX・PDF申込み36,550円 消費税・参考資料含む)
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)[ 地図 ]
概要 平成29年11月に平成29事務年度「金融行政方針」が公表され、同年12月に「「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」(案)」(※平成30年2月14日までパブリックコメント手続きに付されています)が公表されましたが、金融検査・監督の改革は集大成の時期を迎えつつあります。検査局の廃止など金融庁自らの組織改革もさることながら、平成30年度終了後(平成31年4月1日以降)を目途に検査マニュアルが廃止されるなど、金融庁・財務局による保険会社・保険代理店に対する検査・監督の方法・目線も大きく変わることになります。本セミナーでは、金融庁検査官の経験を有し、金融行政・金融実務に精通した弁護士が、平成29事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」が保険会社・保険代理店に及ぼす影響について解説します。
セミナー詳細 1.これまでの金融行政改革の流れ
(1)金融庁内部の組織改革
(2)金融検査・監督の方法・目線の変遷

2.平成29事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方
(検査・監督基本方針)」にみる今後の検査・監督の方法と目線
(1)検査・監督の方法の変化
 (a)検査マニュアルの廃止
 (b)監督指針の見直し
 (c)各種プリンシプル(「顧客本位の業務運営に関する原則」など)
 (d)ディスカッション・ペーパー
 (e)業界団体との意見交換会における金融庁の発言
(2)検査・監督の目線の変化
  ※本セミナー時点で、「「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」(案)」に関するパブリックコメント結果が公表されている場合は、その内容も解説します。

3.今後の保険会社・保険代理店に対する金融モニタリングの着眼点
 ~平成28事務年度「金融レポート」(平成29年10月公表)も踏まえて
(1)今後の保険会社に対する金融モニタリングの着眼点
(2)今後の保険代理店に対する金融モニタリングの着眼点

4.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください
カテゴリ 法務・規制・リスク管理
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
このセミナーに申し込む
※ カートやお申し込みフォームはSSLにより暗号化されています。個人情報が通信中に読み取られることはありません。
※ お申し込みフォームをご利用できない方は、以下のPDFを印刷し、FAX [ 03-3239-6545 ] にてお申し込みください。
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF PDF
金融機関における内部監査・実践スキルの高度化
開催日時  :  2018-05-22(火) 9:30~12:30
リスクベース・アプローチによるマネロン・テロ資金供与リスク管理態勢の整備
開催日時  :  2018-04-26(木) 13:30~16:30
金融機関における3つのディフェンスラインの有効性とリスクカルチャーの醸成
開催日時  :  2018-04-25(水) 9:30~12:30
金融機関の対応すべき債権法改正への対応
開催日時  :  2018-04-24(火) 13:30~16:30
相続法改正に伴う金融機関の実務対応
開催日時  :  2018-04-24(火) 9:30~12:30
テクノロジーを活用したリスク・コンプライアンス管理態勢の変革
開催日時  :  2018-04-17(火) 9:30~12:30
船舶・海上コンテナファイナンス の実務と法的留意点≪実践編≫
開催日時  :  2018-04-11(水) 13:30~16:30
マイナス金利下の運用多様化を踏まえたリスク管理の高度化
開催日時  :  2018-04-10(火) 9:30~12:30
「平成29事務年度金融行政方針」と 「検査・監督基本方針」が金融機関に与える影響
開催日時  :  2018-04-06(金) 9:30~12:30
金融機関の取り組むべきAML/CFT態勢強化
開催日時  :  2018-04-04(水) 13:30~16:30
金融機関の内部通報制度運用の課題と改正ガイドライン対応
開催日時  :  2018-04-04(水) 9:30~12:30
外国籍公募・私募ファンドの法的諸問題
開催日時  :  2018-03-29(木) 9:30~12:30
金融機関における顧客情報管理等に係る最新動向
開催日時  :  2018-03-28(水) 9:30~12:30
金融機関における競争法コンプライアンス 理論と実務上の留意事項
開催日時  :  2018-03-27(火) 13:30~16:30
「顧客本位の業務運営に関する原則」の実務対応
開催日時  :  2018-03-23(金) 13:30~16:30
バーゼル新自己資本比率規制の実務上のポイント≪基礎・応用≫
開催日時  :  2018-03-23(金) 9:30~12:30
金融機関の事務リスク管理≪事例研究編≫
開催日時  :  2018-03-15(木) 13:30~16:30
プライベート・エクイティ・ファンド投資とリスク管理
開催日時  :  2018-03-14(水) 9:30~12:30
クロスボーダー・リース取引の国際展開動向と実務上の諸問題
開催日時  :  2018-03-13(火) 13:30~16:30
国内外金融機関におけるサイバーセキュリティ・ガバナンス態勢構築の最新動向
開催日時  :  2018-03-13(火) 9:30~12:30
保険分野における販売手数料開示と展望
開催日時  :  2018-03-07(水) 9:30~12:30
避けては通れないアンチマネーロンダリング対応の要点
開催日時  :  2018-03-06(火) 13:30~16:30
アフラックにおける内部監査の高度化と取組事例
開催日時  :  2018-03-06(火) 10:00~12:30
IFRS とバーゼル規制の関係
開催日時  :  2018-03-05(月) 14:00~16:30
金融機関等におけるマネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策の高度化
開催日時  :  2018-02-26(月) 13:30~16:30
保険代理店に求められる態勢整備の実務対応
乗合代理店が整備すべき態勢上の留意点
保険代理店の態勢整備における実務上の留意点
メルマガ登録 テーマで探す
  • 法務・規制・リスク管理
  • 事業戦略・マーケティング
  • 会計・税務
  • 金融技術コース
業界で探す
  • 銀行
  • 保険
  • 証券・アセットマネジメント
  • リース・カード
FINANCE FORUM ニュースリリース
セミナー回数券 Fun to share 認定コンプライアンス・オフィサー エクセレントサービス