セミナー情報

SEMINIAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > IFRS第17号「保険契約」の概要と保険会社への影響

IFRS第17号「保険契約」の概要と保険会社への影響

本セミナーは終了しました。
開催日時 2017-06-28(水) 13:30~16:30
講師 PwCあらた有限責任監査法人
第2金融部
山本 啓正 氏 ディレクター
植松 徹 氏 シニアマネージャー
青塚 眞秀 氏 マネージャー

【山本 啓正 氏】
慶応義塾大学管理工学科、同大学理工学研究科卒、公認会計士 中央青山監査法人を経て、あらた監査法人に入所 外資系生命保険会社を中心に、保険会社に対する会計監査業務およびアドバイザリー業務に従事 2012年11月よりPwCロンドン事務所に出向し、ロイズロンドンマーケットに属する日系大手損害保険会社の子会社のIFRS財務諸表・ソルベンシーII監査に従事 15年11月よりPwCあらた監査法人に着任し、IFRS(主として保険契約を担当)を含む各種アドバイザリー業務に従事、第2金融部(保険・共済)所属

【植松 徹 氏】
東京大学経済学部卒、公認会計士 中央青山監査法人を経て、あらた監査法人に入所 大手損害保険会社を中心に、保険会社に対する会計監査業務およびアドバイザリー業務に従事 2013年7月より金融庁監督局保険課に退職出向し、IFRS保険契約の検討、ソルベンシー規制の改訂、経済価値ソルベンシー規制の検討、IAISの活動その他の国際規制業務、ERM/ORSAの整備・評価等に従事 16年7月よりPwCあらた有限責任監査法人に復帰し、IFRS(主として保険契約を担当)を含む各種アドバイザリー業務に従事、第2金融部(保険・共済)所属

【青塚 眞秀 氏】
東京大学工学部卒、日本アクチュアリー会正会員、CERA(Chartered Enterprise Risk Actuary) 大手損害保険会社に入社し、リスク管理業務に従事 主に国内・海外の損保引受リスク管理、内部モデル開発・管理態勢検討、ORSA報告、海外保険子会社買収に伴う内部モデルに関するPMI等、ERM(統合的リスク管理)態勢構築業務を経験 2015年4月よりPwCあらた有限責任監査法人に入所し、主に損害保険会社に対するIFRS導入支援などのアドバイザリー業務に従事、第2金融部(保険・共済)所属

補足事項 ※ご同業の方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。 
概要 20年もの長きにわたって検討が続けられていたIFRS第17号「保険契約」が、ついに完成を迎えようとしています。保険契約を国際的に整合的に取り扱う初めてのグローバルな会計基準の導入により、保険会社の業績評価における比較可能性や透明性の向上が期待されています。保険業界にとって、IAISによる開発が進んでいる国際資本基準(ICS)や金融庁で検討が行われている経済価値ベースのソルベンシー規制などの新たな資本規制によって、現行会計とは異なる手法による資産負債の評価が要求されつつあるとともに、統合的リスク管理(ERM)等により、新たな業績指標に基づく経営管理態勢の整備の必要性が高まっています。このような流れへの対応と連動してIFRSの導入を検討することにより、IFRS導入を保険会社の経営の高度化へ結びつけることが期待されています。一方で、その導入については、保険会社の計算システムやデータ管理の整備を始めとするインフラ面の整備に加え、決算プロセスの再構築や業務システムの改定など、影響は広範囲に及ぶことが想定されています。
本セミナーでは、IFRS 第17号「保険契約」の内容について解説するとともに、IFRSの導入を検討する際に想定される各種課題について解説します。
セミナー詳細 1.IFRS導入が保険会社に与える影響
(1)国内におけるIFRS導入の状況
(2)保険会社におけるIFRS導入の意義
(3)資本基準との関連

2.IFRS第17号「保険契約」の概要
(1)測定モデルの概要
(2)表示・開示の概要
(3)移行措置

3.IFRS第17号「保険契約」に関する実務的論点
(1)測定モデル別の計算例
(2)想定される実務的課題

4.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください
カテゴリ 会計・税務 保険
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF
<LINE×ライフネット生命保険>金融機関におけるチャットボットの活用事例と展望
開催日時  :  2018-03-01(木) 9:30~12:30
金融機関におけるデータサイエンスの活用
開催日時  :  2018-02-28(水) 13:30~16:30
民法改正を踏まえたアセットファイナンスの実務
開催日時  :  2018-02-28(水) 9:30~12:30
生命保険会社の資産運用の高度化に向けて
開催日時  :  2018-02-26(月) 13:30~16:30
機械学習によるローン審査モデル
開催日時  :  2018-02-23(金) 9:30~12:30
デジタル革新が与える金融機関の働き方のインパクト
開催日時  :  2018-02-22(木) 13:30~16:30
【金融機関の外部委託先管理の再構築】シナリオベースの管理とモニタリング、RPAが外部委託業務に与える影響
開催日時  :  2018-02-21(水) 9:30~12:30
金融機関におけるオペレーショナル・リスク管理の基本と高度化
開催日時  :  2018-02-20(火) 9:30~12:30
金融機関代理店の保険窓販に係る規制等対応上の実務
開催日時  :  2018-02-19(月) 13:30~16:30
民法改正の不動産取引への影響
開催日時  :  2018-02-09(金) 9:30~12:30
3時間で学ぶ担保不動産評価の基礎
開催日時  :  2018-02-06(火) 9:30~12:30
【民法改正×金融×IT】民法改正が金融機関におけるIT関連実務に及ぼす影響と留意点
開催日時  :  2018-02-02(金) 9:30~12:30
金融取引実務における債権法改正対応
開催日時  :  2018-01-30(火) 13:30~16:30
IFRS第17号「保険契約」が保険会社の財務諸表に与える影響と実務上のポイント
開催日時  :  2018-01-30(火) 9:30~12:30
金融機関の新技術導入におけるリスク管理
開催日時  :  2018-01-24(水) 13:30~16:30
金融行政改革と金融機関の取り組むべき課題
開催日時  :  2018-01-24(水) 9:30~12:30
アパート・マンションローンにおけるリスク管理の高度化
開催日時  :  2018-01-23(火) 9:30~12:30
【金融機関の事務リスク管理】チェックリストの効果的作成方法と形骸化防止
開催日時  :  2018-01-19(金) 13:30~16:30
保険会社における個人情報保護法の実務対応
開催日時  :  2018-01-19(金) 9:30~12:30
金融機関におけるデジタル時代の働き方変革と人材育成
開催日時  :  2018-01-17(水) 13:30~16:30
保険代理店における代理店契約の解消や役職員の独立・移動などの法的論点
開催日時  :  2018-01-17(水) 9:30~12:30
金融機関における内部監査の最新動向と高度化
開催日時  :  2018-01-16(火) 13:30~16:30
金融機関におけるシステム開発紛争への対応と予防
開催日時  :  2018-01-12(金) 9:30~12:30
金融レポートと金融行政方針を踏まえた金融機関の課題と対策
開催日時  :  2017-12-20(水) 9:30~12:30
IFRS第17号「保険契約」が国内保険会社に与える影響と対応策
開催日時  :  2017-12-19(火) 9:30~12:30
Googleのデジタルマーケティングテクノロジーと、デジタル広告データにおける統計解析活用
開催日時  :  2017-12-15(金) 13:30~16:30
生損保で活かすビッグデータ最前線
開催日時  :  2017-12-15(金) 9:30~12:30
不動産Techのビジネスモデルと最新法務
開催日時  :  2017-12-13(水) 13:30~16:30
金融機関における内部監査態勢の高度化≪実践編≫
開催日時  :  2017-12-12(火) 13:30~16:30
債権法改正:保険分野における実務対応
開催日時  :  2017-12-11(月) 13:30~16:30
保険業界のための女性マーケティング
IoTを活用した新ビジネス創出の可能性と課題
保険代理店に求められる態勢整備の実務対応
金融業界のための女性マーケティング
保険オムニチャネルの最新動向
乗合代理店が整備すべき態勢上の留意点
メルマガ登録 テーマで探す
  • 法務・規制・リスク管理
  • 事業戦略・マーケティング
  • 会計・税務
  • 金融技術コース
業界で探す
  • 銀行
  • 保険
  • 証券・アセットマネジメント
  • リース・カード
FINANCE FORUM ニュースリリース
セミナー回数券 Fun to share 認定コンプライアンス・オフィサー エクセレントサービス