セミナー情報

SEMINIAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > サイバーセキュリティ・データ保護をめぐる各国規制の最新動向と企業の実務対応

サイバーセキュリティ・データ保護をめぐる各国規制の最新動向と企業の実務対応

~EUサイバーセキュリティ指令・データ保護規則、米国サイバーセキュリティ法・SEC開示ガイダンス、日本サイバーセキュリティ経営ガイドライン・改正個人情報保護法をふまえた最新実務を解説~
本セミナーは終了しました。
開催日時 2017-05-25(木) 13:30~16:30
講師 真和総合法律事務所
パートナー
高橋 大祐 弁護士

法学修士(米・仏・独・伊) 企業・金融機関に対し、情報セキュリティ、マネーロンダリング・経済制裁、海外贈賄、競争法コンプライアンスをはじめとするグローバルコンプライアンス・ CSR・危機管理に関する案件に対応するほか、社内規程整備・社内研修などの内部統制システム整備の支援も担当している 日弁連弁護士業務改革委員会 CSRと内部統制プロジェクトチーム副座長、国際法曹協会CSR委員会オフィサー、早稲田大学日米研究所招聘研究員、 JETRアジア経済研究所研究会外部委員、上智大学法学部非常勤講師も歴任
関連著作:「緊迫する世界情勢下におけるグローバル危機管理」(NBL1015号巻頭言 共著)、「コンプライアンス 時代の事故対応・損害賠償実務」(民事法研究会2015年 共著)、「経済制裁規制の域外適用にどう対応するか」(ビジネス法務 2016年4月号トレンドアイ)、「グローバル時代のCSR法務戦略」(証券アナリストジャーナル 2014年8月号)、「経産省指針改訂をふまえた海外贈賄防止対策の強化」(ビジネス法務 2016年1月号特集)など多数

補足事項 ※ご同業の方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。 
概要 企業活動のインターネット・サイバー空間への依存が高まっている現在、世界各国での情報漏えいに関する企業不祥事やサイバー攻撃被害も相次いでおり、サイバーセキュリティやデータ保護に関する各国規制も急速に強化されている。EUでは、2016年のサイバーセキュリティ指令の施行により、一定の企業にセキュリティ構築義務やインシデント発生時の通知義務が課せられると共に、2017年のデータ保護規則の施行に向けて個人情報保護のための体制構築も求められている。米国では、2015年にサイバーセキュリティ法が採択され、企業にサイバー対策への協力が求められているほか、証券取引員会(SEC)の開示ガイダンスに基づきインシデント発生時の適時開示も強く求められている。日本でも2016年のサイバーセキュリティ経営ガイドラインの発表に加えて、2017年に改正個人情報保護法も施行される予定である。本セミナーでは、各国規制の最新動向の解説をふまえ、サイバーセキュリティ・データ保護体制強化のステップやインシデント発生時の危機管理対策の実践方法について具体的に解説する。
セミナー詳細 1.企業に対するサイバーセキュリティ対応の要請の高まりとその背景

2.サイバーセキュリティをめぐる各国法規制の最新動向と実務影響
(1)EUサイバーセキュリティ指令の概要と実務影響
(2)EUデータ保護規則の概要と実務影響
(3)米国SECサイバーセキュリティ開示ガイダンスの概要と実務影響
(4)米国サイバーセキュリティ法の概要と実務影響
(5)経済産業省サイバーセキュリティ経営ガイドラインの概要
(6)日本の改正個人情報保護法の概要
(7)その他セミナー当日までの関連する法規制の動向

3.サイバーセキュリティ・データ保護体制強化の具体的ステップ
(1)自社保有情報(個人情報・営業秘密・その他機密情報)の評価・管理
(2)情報セキュリティ体制の脆弱性・リスクの評価
(3)情報の機密性やリスクの高さに応じた体制構築の必要性
(4)内部統制システム(組織体制・システム構築、社内規程、研修、監査)の整備
(5)従業員・グループ会社・取引先の管理(規程・契約条項・システムの整備)

4.インシデント発生時の危機管理対応
(1)問題発生時の初動対応
(2)情報漏えい・サイバー被害の原因調査プロセス
(3)被害拡大回避のために求められる法務対応
(4)レピュテーションリスク回避のための危機管理コミュニケーション
(5)情報漏えい・サイバー被害の損害回復のための法務対応

5.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください
カテゴリ 法務・規制・リスク管理
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ  セミナー事業部
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF
英国法最新規制動向と対応のポイント
開催日時  :  2018-02-23(金) 13:30~16:30
機械学習によるローン審査モデル
開催日時  :  2018-02-23(金) 9:30~12:30
規制対応がもたらすリスク管理技術の「格差」からのインプリケーション
開催日時  :  2018-02-05(月) 13:30~16:30
航空機ファイナンスの実務≪最新アップデート≫
開催日時  :  2018-02-01(木) 13:30~16:30
FinTech時代におけるクレジットスコアリングモデルの活用のポイント
開催日時  :  2018-01-31(水) 13:30~16:30
金融取引実務における債権法改正対応
開催日時  :  2018-01-30(火) 13:30~16:30
IFRS第17号「保険契約」が保険会社の財務諸表に与える影響と実務上のポイント
開催日時  :  2018-01-30(火) 9:30~12:30
信用リスクモデリング≪実践編≫
開催日時  :  2018-01-26(金) 13:30~16:30
基礎から始める外国籍公募・私募投資信託の法務と各種手続
開催日時  :  2018-01-25(木) 9:30~12:30
金融機関の新技術導入におけるリスク管理
開催日時  :  2018-01-24(水) 13:30~16:30
金融行政改革と金融機関の取り組むべき課題
開催日時  :  2018-01-24(水) 9:30~12:30
アパート・マンションローンにおけるリスク管理の高度化
開催日時  :  2018-01-23(火) 9:30~12:30
【金融機関の事務リスク管理】チェックリストの効果的作成方法と形骸化防止
開催日時  :  2018-01-19(金) 13:30~16:30
保険会社における個人情報保護法の実務対応
開催日時  :  2018-01-19(金) 9:30~12:30
保険代理店における代理店契約の解消や役職員の独立・移動などの法的論点
開催日時  :  2018-01-17(水) 9:30~12:30
金融機関における内部監査の最新動向と高度化
開催日時  :  2018-01-16(火) 13:30~16:30
金融レポートと金融行政方針を踏まえた金融機関の課題と対策
開催日時  :  2017-12-20(水) 9:30~12:30
IFRS第17号「保険契約」が国内保険会社に与える影響と対応策
開催日時  :  2017-12-19(火) 9:30~12:30
不動産Techのビジネスモデルと最新法務
開催日時  :  2017-12-13(水) 13:30~16:30
金融機関における内部監査態勢の高度化≪実践編≫
開催日時  :  2017-12-12(火) 13:30~16:30
多様化する「ハイブリッド証券」の市場動向と資本性評価・格付のポイント
開催日時  :  2017-12-12(火) 9:30~12:30
債権法改正:保険分野における実務対応
開催日時  :  2017-12-11(月) 13:30~16:30
民法改正が企業の契約実務・取引実務に与える影響
開催日時  :  2017-12-07(木) 13:30~16:30
航空機ファイナンスの実務
開催日時  :  2017-12-06(水) 13:30~16:30
金融機関における実践的なストレステスト実施体制の構築
開催日時  :  2017-12-04(月) 13:30~16:30
10月公表の「金融レポート」を読み解く
開催日時  :  2017-12-01(金) 10:00~12:30
預金口座へのマイナンバー付番の実務対応
開催日時  :  2017-11-30(木) 9:30~12:30
保険代理店に求められる態勢整備の実務対応
乗合代理店が整備すべき態勢上の留意点
保険代理店の態勢整備における実務上の留意点
メルマガ登録 テーマで探す
  • 法務・規制・リスク管理
  • 事業戦略・マーケティング
  • 会計・税務
  • 金融技術コース
業界で探す
  • 銀行
  • 保険
  • 証券・アセットマネジメント
  • リース・カード
FINANCE FORUM ニュースリリース
セミナー回数券 Fun to share 認定コンプライアンス・オフィサー エクセレントサービス