セミナー情報

SEMINIAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > 基礎知識ゼロから学ぶ英文契約書入門

基礎知識ゼロから学ぶ英文契約書入門

~相手のドラフトに潜んでいる「リスク」や「落とし穴」を見逃さない基本表現の習得を目指す~
本セミナーは終了しました。
開催日時 2017-09-27(水) 9:30~12:30
講師 芝綜合法律事務所
弁護士/弁理士/米国ミシガン州弁護士
牧野 和夫 弁護士

早稲田大学、琉球大学法科大学院、東京医科歯科大学大学院、明治学院大学法学部、関西学院大学商学部の各兼任講師 1981年早大法学部卒、89年GM工科大学優等修了、91年ジョージタウン大学ロースクール法学修士号、2013年ハーバード大学ロースクール交渉戦略プログラム修了 いすゞ自動車法務部課長・審議役、アップルコンピュータ法務部長、国士舘大学法学部教授、東京理科大学大学院客員教授、尚美学院大学大学院客員教授、大宮法科大学院大学教授、早稲田大学大学院(国際情報通信研究科)講師、内閣司法制度改革推進本部法曹養成検討会委員等を経て現職 英文契約書、知的財産などの著書は70冊を数える 16年人工知能法務問題研究の国際企業法務協会「最先端法務研究会」の共同代表

補足事項 ※ 資料の配付はございません。テキストとして、参加者全員に講師著『契約書が楽に読めるようになる英文契約書の基本表現』を配付いたします。 
概要 一般に、英文契約書は非常に難解でわかりにくいといわれていますが、実際には、英文契約書は決して難しいものではありません。特に高い英語力が必要とされているのではなく、契約の基礎知識と必要最低限の法律英語がわかっていれば、十分に対応できます。
ただ、自己流でやみくもに学習しても短期間での熟達は望めません。ゴルフやテニスと同じように、最初に基本的な型を教えてもらえば、後はそれをベースに練習を積めば上達が早いのと同じように、まず最初に英文契約書の基本的な型を教えてもらうことが肝要です。
本セミナーでは、頻繁に出てくる英文契約書特有の重要基本表現を厳選して例文と一緒にご紹介します。これらの基本表現をマスターすることで、相手方ドラフトのリスクを適切に評価することができ、契約交渉の際に適切・有効なカウンタープロポーザル(対案)を打てるようになり、有利な交渉を行うことが可能となります。最後に、今後みなさんが英文契約書をマスターするためにどのようなステップを踏めばよいか、アクションプランの方向性を説明します。初学者の参加を歓迎します。ベテランのみなさんも交渉の基礎を学ぶことができます。
セミナー詳細 1.TOEIC300点でも英文契約書をマスターできるのか?
  英文契約書は難しいものではない(700~800の基本表現をマスターすれば良い)

2.日本語の契約書と英文契約書の書かれている根本思想の違い

3.効果的に英文契約書を読むため一般的な構成を知る

4.英文契約書のドラフトはどう行われているか/雛型の入手・管理はどのようにしたらよいか

5.英文契約書の必須基本表現 (相手方ドラフトのリスク評価と有利な交渉に必須な表現)
(1)基本表現 助動詞 ~shall/may/should/must/will/canはどのように使うか
(2)条件に関する表現
 ・condition
 ・subject to
 ・to the extent that/ so long as
 ・provided, however, that
(3)義務に関する表現 ~best efforts とreasonable efforts の違いは
(4)責任・保証に関する表現
 ・indemnify/ hold harmless
 ・represent and warrant
 ・responsibility, liability, duty, obligation
 ・jointly and severally liable
(5)法的拘束力に関する表現
 ・not legally binding
 ・enforceable unenforceable
(6)具体例の列挙に関する表現 ~including without limitation
(7)権利の法的性質に関する表現 ~exclusive, non-exclusive
(8)選択権に関する表現 ~at one's option, at one's choice, at one's sole discretion
(9)推定・法的擬制に関する表現 ~presume, deem の違いは
(10)費用負担に関する表現 ~at one's own expense, at one's own account
(11)期限・期間・頻度に関する表現 ~terminate, expire の違いは
(12)損害の種類に関する表現 ~direct, indirect とconsequential damages の違いは
(13)同義語・類語の重複 その他の重要表現
 ・defects と malfunction の違いは
 ・substantially similar, same
 ・provide, set forth, stipulate, specify, state, define
 ・attachment, exhibit, schedule, annex, table

6.準拠法・裁判管轄・仲裁の合意時の留意点

7.これから何をすべきか (英文契約書マスターのためのアクションプラン)

8.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください
カテゴリ 法務・規制・リスク管理
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF
金融機関における内部監査・実践スキルの高度化
開催日時  :  2018-05-22(火) 9:30~12:30
リスクベース・アプローチによるマネロン・テロ資金供与リスク管理態勢の整備
開催日時  :  2018-04-26(木) 13:30~16:30
金融機関における3つのディフェンスラインの有効性とリスクカルチャーの醸成
開催日時  :  2018-04-25(水) 9:30~12:30
金融機関の対応すべき債権法改正への対応
開催日時  :  2018-04-24(火) 13:30~16:30
相続法改正に伴う金融機関の実務対応
開催日時  :  2018-04-24(火) 9:30~12:30
テクノロジーを活用したリスク・コンプライアンス管理態勢の変革
開催日時  :  2018-04-17(火) 9:30~12:30
船舶・海上コンテナファイナンス の実務と法的留意点≪実践編≫
開催日時  :  2018-04-11(水) 13:30~16:30
マイナス金利下の運用多様化を踏まえたリスク管理の高度化
開催日時  :  2018-04-10(火) 9:30~12:30
「平成29事務年度金融行政方針」と 「検査・監督基本方針」が金融機関に与える影響
開催日時  :  2018-04-06(金) 9:30~12:30
金融機関の取り組むべきAML/CFT態勢強化
開催日時  :  2018-04-04(水) 13:30~16:30
金融機関の内部通報制度運用の課題と改正ガイドライン対応
開催日時  :  2018-04-04(水) 9:30~12:30
外国籍公募・私募ファンドの法的諸問題
開催日時  :  2018-03-29(木) 9:30~12:30
平成29事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」が保険会社・保険代理店に及ぼす影響
開催日時  :  2018-03-28(水) 13:30~16:30
金融機関における顧客情報管理等に係る最新動向
開催日時  :  2018-03-28(水) 9:30~12:30
金融機関における競争法コンプライアンス 理論と実務上の留意事項
開催日時  :  2018-03-27(火) 13:30~16:30
「顧客本位の業務運営に関する原則」の実務対応
開催日時  :  2018-03-23(金) 13:30~16:30
バーゼル新自己資本比率規制の実務上のポイント≪基礎・応用≫
開催日時  :  2018-03-23(金) 9:30~12:30
金融機関の事務リスク管理≪事例研究編≫
開催日時  :  2018-03-15(木) 13:30~16:30
プライベート・エクイティ・ファンド投資とリスク管理
開催日時  :  2018-03-14(水) 9:30~12:30
クロスボーダー・リース取引の国際展開動向と実務上の諸問題
開催日時  :  2018-03-13(火) 13:30~16:30
国内外金融機関におけるサイバーセキュリティ・ガバナンス態勢構築の最新動向
開催日時  :  2018-03-13(火) 9:30~12:30
増大する規制対応とRegTech・エコシステムが実現するイノベーション
開催日時  :  2018-03-08(木) 9:30~12:30
保険分野における販売手数料開示と展望
開催日時  :  2018-03-07(水) 9:30~12:30
避けては通れないアンチマネーロンダリング対応の要点
開催日時  :  2018-03-06(火) 13:30~16:30
アフラックにおける内部監査の高度化と取組事例
開催日時  :  2018-03-06(火) 10:00~12:30
IFRS とバーゼル規制の関係
開催日時  :  2018-03-05(月) 14:00~16:30
金融機関等におけるマネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策の高度化
開催日時  :  2018-02-26(月) 13:30~16:30
英国法最新規制動向と対応のポイント
開催日時  :  2018-02-23(金) 13:30~16:30
機械学習によるローン審査モデル
開催日時  :  2018-02-23(金) 9:30~12:30
【金融機関の外部委託先管理の再構築】シナリオベースの管理とモニタリング、RPAが外部委託業務に与える影響
開催日時  :  2018-02-21(水) 9:30~12:30
金融機関におけるオペレーショナル・リスク管理の基本と高度化
開催日時  :  2018-02-20(火) 9:30~12:30
金融機関代理店の保険窓販に係る規制等対応上の実務
開催日時  :  2018-02-19(月) 13:30~16:30
保険代理店に求められる態勢整備の実務対応
乗合代理店が整備すべき態勢上の留意点
保険代理店の態勢整備における実務上の留意点
メルマガ登録 テーマで探す
  • 法務・規制・リスク管理
  • 事業戦略・マーケティング
  • 会計・税務
  • 金融技術コース
業界で探す
  • 銀行
  • 保険
  • 証券・アセットマネジメント
  • リース・カード
FINANCE FORUM ニュースリリース
セミナー回数券 Fun to share 認定コンプライアンス・オフィサー エクセレントサービス