セミナー情報

SEMINIAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > 楽天のビッグデータ及びAI活用とイノベーションの創出

楽天のビッグデータ及びAI活用とイノベーションの創出

このセミナーに申し込む
開催日時 2017-09-22(金) 13:30~16:30
講師
楽天株式会社 執行役員 兼 楽天技術研究所代表 公益社団法人企業情報化協会 常任幹事 森 正弥 氏
楽天株式会社
執行役員 兼 楽天技術研究所代表
公益社団法人企業情報化協会 常任幹事
森 正弥 氏

1998年、アクセンチュア株式会社入社 2006年、楽天株式会社入社 現在、同社 執行役員 兼 楽天技術研究所代表として世界の各研究拠点のマネジメントおよびAI・データサイエンティスト戦略に従事 APEC(アジア太平洋経済協力)プロジェクトアドバイザ、情報処理学会アドバイザリーボードメンバー、日本データベース学会 理事、 科学技術振興機構プロジェクトアドバイザ 日経ITイノベーターズ エグゼクティブメンバー、企業情報化協会 常任幹事およびAI&ロボティクスコンソーシアム委員長 過去に、 経済産業省 技術開発プロジェクト評価委員、 次世代高度IT人材モデルキャリア検討委員、 CIO育成委員会委員等を歴任 様々な組織・団体の顧問実績も多数 13年日経BP社 IT Proにて、「世界を元気にする100人」に、日経産業新聞にて「40人の異才」に選出 著作に「クラウド大全」(日経BP社、 共著)、「ウェブ大変化 パワーシフトの始まり」(近代セールス社)がある

参加費 web申込み33,430円 (FAX・PDF申込み34,430円 消費税・参考資料含む)
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)[ 地図 ]
概要 楽天の戦略R&D組織である楽天技術研究所では、ビジョン「サード・リアリティ」と共にE-Commerce、Fintech、IoT関連の技術開発を行っており、世界5拠点の体制で特にAI技術の活用に力を入れています。昨夏には、シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)とのAI人材育成プログラムを立ち上げ、またスタンフォード大学やMIT、筑波大学とのAI技術活用の共同研究を開始する等、活動を加速させています。本講演では、 AI技術活用に向けた課題について述べます。特にインターネットの発展がビジネスにもたらす困難さとそれとAIとの関係を明らかにし、より活用を推進し、イノベーションの創出へと繋げる為に示唆となる論点を提示したいと思います。
セミナー詳細 1.楽天技術研究所の概要、その特色

2.主な成果
(1)ドローンデリバリー、画像認識のC2Cアプリへの適用
(2)世界レベルの機械翻訳技術、言語学習サービス

3.AI関連の取り組みとなぜそこまでするのか

4.専門家が負けていくという問題
 ~競馬ハッカソンの事例

5.ロングテールの発展
(1)NYマンハッタンの1900年と1915年
(2)バチカン市の2005年と2013年
(3)日本はロングテールである

6.新しい「情報の非対称性」の登場
 ~もう人工知能なしには、企業は生きていけない

7.AIを使って商品を理解し、ユーザーを理解する
(1)自然言語処理の活用
(2)機械学習の活用
(3)評判解析の意外な効果
(4)AIが仮説をつくる&試す

8.AIを用いた個別化・予測
(1)隠れたニーズをつかむ
(2)需要を予測する
(3)価格の個別化の実現
(4)FinTechへの応用

9.AIと人類の新しい関係へ

10.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください
カテゴリ 事業戦略・マーケティング
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ  セミナー事業部
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
このセミナーに申し込む
※ カートやお申し込みフォームはSSLにより暗号化されています。個人情報が通信中に読み取られることはありません。
※ お申し込みフォームをご利用できない方は、以下のPDFを印刷し、FAX [ 03-3239-6545 ] にてお申し込みください。
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF PDF
投信窓販3.0
開催日時  :  2017-10-31(火) 13:30~16:30
縮小するリース業界での勝ち組と負け組
開催日時  :  2017-10-31(火) 9:30~12:30
医療機関におけるこれからの経営マネジメントと事務職の在り方
開催日時  :  2017-10-27(金) 13:30~16:00
世界標準の金融API実現と先端事例
開催日時  :  2017-10-26(木) 13:30~16:30
地銀大再編
開催日時  :  2017-10-26(木) 9:30~12:30
事例とデモに学ぶサイバー攻撃対策
開催日時  :  2017-10-24(火) 9:30~12:30
決済サービスの最新動向と重要ポイント
開催日時  :  2017-10-20(金) 13:30~16:30
ヘルスケア×IoTによる新たな事業創出
開催日時  :  2017-10-20(金) 9:30~12:30
デジタルバンキングと金融サービス革新
開催日時  :  2017-10-17(火) 13:30~16:30
金融機関のビッグデータ活用におけるデータマネジメントの高度化
開催日時  :  2017-10-16(月) 13:30~16:30
健康・生活系ビッグデータを活用するAI技術開発の取り組みと課題
開催日時  :  2017-10-16(月) 10:00~12:30
不動産テックの最新動向とブロックチェーンの応用可能性
開催日時  :  2017-10-12(木) 9:30~12:30
ヘルスケア産業に押し寄せるデジタル化の波と対応すべき課題
開催日時  :  2017-10-11(水) 13:30~16:30
日本生命保険におけるRPAの活用と今後の展望
開催日時  :  2017-10-10(火) 13:30~16:30
航空機ファイナンスの基礎と戦略
開催日時  :  2017-10-05(木) 13:30~16:30
2030年自動車業界勢力図の予測とトヨタ自動車の戦略
開催日時  :  2017-09-29(金) 9:30~12:30
地域包括ケア時代における医療機関のリアルワールドデータ利活用について
開催日時  :  2017-09-27(水) 13:30~16:30
競争時代を生き抜く価値共有型医療経営
開催日時  :  2017-09-26(火) 13:30~16:30
基礎から学ぶこれからの金融機関システム開発に必要なノウハウ
開催日時  :  2017-09-21(木) 10:00~16:30
病院関係者のための経営改善戦略
開催日時  :  2017-09-20(水) 13:30~16:00
2020年国内キャッシュレス市場拡大に向けたJCBのモバイル決済戦略
開催日時  :  2017-09-19(火) 13:30~16:30
ヘルスケア業界におけるデジタル化の展望と現実的な課題
開催日時  :  2017-09-14(木) 13:30~16:30
Open APIがもたらす金融ビジネスのオープンイノベーション
開催日時  :  2017-09-12(火) 13:30~16:30
有人店舗と人材活用からみえる銀行の未来像
開催日時  :  2017-09-08(金) 9:30~12:30
決済サービスの海外・国内事情と将来像
開催日時  :  2017-09-07(木) 9:30~12:30
FinTechを巡る最新動向と日本銀行の取組み
開催日時  :  2017-09-06(水) 10:00~12:30
金融機関における働き方改革と生産性向上
開催日時  :  2017-09-05(火) 9:30~12:30
アリペイからみるアリババグループの対日戦略の予測
開催日時  :  2017-09-01(金) 9:30~12:30
保険業界における介護データの活用と今後の展望
開催日時  :  2017-08-31(木) 9:30~12:30
RegTechの現状とブロックチェーンが広げるビジネスの可能性
開催日時  :  2017-08-30(水) 9:30~12:30
空港コンセッションの最新動向・スキーム詳説と事業参画にあたってのポイント
開催日時  :  2017-08-29(火) 9:30~12:30
「なぜ買われないのか?」その課題に挑む、最新ショッパーマーケティング
開催日時  :  2017-08-28(月) 13:30~16:30
金融機関におけるRPA活用事例と導入ポイント
開催日時  :  2017-08-25(金) 9:30~12:30
ヘルスケア分野でのAI・ビッグデータ活用と事業展開
開催日時  :  2017-08-24(木) 9:30~12:30
2020年に向けたVisaの新しい決済への取り組み
開催日時  :  2017-08-23(水) 13:30~16:30
FinTechから見た金融サービスの最新動向
開催日時  :  2017-08-21(月) 9:30~12:30
保険業界のための女性マーケティング
IoTを活用した新ビジネス創出の可能性と課題
金融業界のための女性マーケティング
保険オムニチャネルの最新動向
スマートフォン決済サービスの国内市場の普及に向けた課題
TPPが生損保・制度共済に与える影響