セミナー情報

SEMINIAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > 金融機関における顧客本位の業務運営に関する原則(フィデューシャリー・デューティー)の実務対応

金融機関における顧客本位の業務運営に関する原則(フィデューシャリー・デューティー)の実務対応

このセミナーに申し込む
開催日時 2017-05-29(月) 9:30~12:30
講師
西村あさひ法律事務所 パートナー 有吉 尚哉 弁護士
西村あさひ法律事務所
パートナー
有吉 尚哉 弁護士

01年東京大学法学部卒業 02年西村総合法律事務所入所 10年~11年金融庁総務企画局企業開示課専門官 現在、西村あさひ法律事務所勤務 金融法委員会委員、日本証券業協会「JSDAキャピタルマーケットフォーラム」専門委員、京都大学法科大学院非常勤講師 主な業務分野は、金融取引、信託取引、金融関連規制等。主な著書として『資産・債権の流動化・証券化【第3版】』(金融財政事情研究会、16年、共編著)、『FinTechビジネスと法25講』(商事法務、16年、共編著)、『平成26年会社法改正と実務対応〔改訂版〕』(商事法務、15年、共著)、『要綱から読み解く債権法改正』(新日本法規、15年、共編著)、『論点体系 金融商品取引法1・2』(第一法規、14年、共著)等 論稿多数

参加費 web申込み35,620円 (FAX・PDF申込み36,620円 消費税・参考資料含む)
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)[ 地図 ]
補足事項 ※ご同業の方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。 
概要 近年、金融機関が果たすべき責任として「フィデューシャリー・デューティー」あるいは「顧客本位の業務運営」という考え方が強調されることが増えている。これまでフィデューシャリー・デューティーについては、具体的な制度・規律が制定されているわけではなかったが、昨年末に取りまとめられた金融審議会「市場ワーキング・グループ」報告書では当局が「顧客本位の業務運営に関する原則」を策定した上で、金融事業者に対して受入れを呼びかけることが提言され、これを受けて、本年1月19日には同原則の案文が公表されている。同原則は、各種の金融商品の販売、助言、商品開発、資産管理、運用等を行う全ての金融機関を広く対象とするものであり、同原則が制定された後、金融機関には従来以上に「顧客本位の業務運営」の取組みが求められることになる。本講演では、フィデューシャリー・デューティーの考え方を概説した上で、「顧客本位の業務運営に関する原則」の内容について、金融実務への影響を踏まえて解説する。
セミナー詳細 ◆ 特別キャンペーン : 2回分回数券を 60,000円(税込み) で販売(2017年3月31日まで)◆
※回数券有効期限2017年9月30日まで
※すぐに回数券を使用してセミナーにお申し込みをされたい方はお問い合わせください
※回数券についてのお問い合わせ:03-3239-6544
------------------------------------------------------------------------------------------------
1.「フィデューシャリー・デューティー」概念

2.「顧客本位の業務運営に関する原則」の全体像
(1)総論
(2)対象となる「金融事業者」の範囲
(3)プリンシプルベース・アプローチ

3.原則の内容
(1)原則1方針の策定・公表
(2)原則2顧客の最善の利益の追求
(3)原則3利益相反管理
(4)原則4手数料等の明確化
(5)原則5顧客への情報提供
(6)原則6顧客にふさわしいサービス
(7)金融商品・サービスをパッケージ化するときの対応
(8)原則7従業員の動機づけ・ガバナンス体制

4.原則を踏まえた取組み

5.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください
カテゴリ リース・カード 証券・アセットマネジメント 保険 銀行 法務・規制・リスク管理
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ  セミナー事業部
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
このセミナーに申し込む
※ カートやお申し込みフォームはSSLにより暗号化されています。個人情報が通信中に読み取られることはありません。
※ お申し込みフォームをご利用できない方は、以下のPDFを印刷し、FAX [ 03-3239-6545 ] にてお申し込みください。
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF PDF
成功するミーティングスキル
開催日時  :  2017-11-17(金) 13:30~16:30
相手に納得してもらうために、「筋道を明示して説明する」技術
開催日時  :  2017-09-06(水) 13:30~16:30
相手に納得してもらうために、「根拠を示して説明する」技術
開催日時  :  2017-07-06(木) 13:30~16:30
航空機ファイナンスの実務II
開催日時  :  2017-06-16(金) 13:30~16:30
航空機ファイナンスの実務Ⅰ
開催日時  :  2017-06-06(火) 13:30~16:30
事例で学ぶ保険会社の内部監査・実践スキルの高度化
開催日時  :  2017-05-31(水) 13:30~16:30
医薬品・医療機器メーカーにおける医療技術評価(HTA)と医療経済評価の取り組み
開催日時  :  2017-05-31(水) 9:30~12:30
金融機関における外部委託管理の実務
開催日時  :  2017-05-30(火) 13:30~16:30
金融機関の事務リスク管理
開催日時  :  2017-05-30(火) 9:30~12:30
地域金融機関の競争力強化に向けた「新しいリスクアペタイト・フレームワーク」の活用
開催日時  :  2017-05-29(月) 13:30~16:30
決済サービス入門
開催日時  :  2017-05-26(金) 13:30~16:30
仕事がスピードアップする図解のスゴ技
開催日時  :  2017-05-26(金) 9:30~12:30
サイバーセキュリティ・データ保護をめぐる各国規制の最新動向と企業の実務対応
開催日時  :  2017-05-25(木) 13:30~16:30
改正再エネ特措法と実務上の重要ポイント
開催日時  :  2017-05-24(水) 13:30~16:30
医療分野における改正個人情報保護法への対応ポイント
開催日時  :  2017-05-23(火) 13:30~16:30
ロジカル・ライティング入門
開催日時  :  2017-05-23(火) 9:30~12:30
医療ビッグデータを活用した医薬品の価値最大化とヘルスケアマネジメント
開催日時  :  2017-05-22(月) 13:30~16:30
決済サービス提供事業者における加盟店・収納企業等の管理と実務対応
開催日時  :  2017-05-22(月) 9:30~12:30
FINTECHはどこへ向かうのか?地方銀行とベンチャー企業の競争と共創
開催日時  :  2017-05-19(金) 13:30~16:30
NTTドコモにおける 医療・介護分野でのICT 活用事例と今後の取組み
開催日時  :  2017-05-19(金) 10:00~12:30
基礎から学ぶ外国籍ファンドの法務
開催日時  :  2017-05-18(木) 13:30~16:30
金融機関における営業秘密防衛策の勘所
開催日時  :  2017-05-18(木) 9:30~12:30
【2日間開催】ITソリューションベンダーや金融商品取引業者等がおさえておきたい証券の取引制度とシステムの重要ポイント
開催日時  :  2017-05-16(火) 11:00~17:00
改正個人情報保護法の実務対応
開催日時  :  2017-05-15(月) 13:30~16:30
金融機関の収益性分析と金融システムの機能度・安定性の確保
開催日時  :  2017-05-15(月) 10:00~12:00
保険会社における「顧客本位の業務運営に関する7大原則」と「特別利益の提供」に係る規制厳格化への対応
開催日時  :  2017-05-12(金) 13:30~16:30
銀行法改正法案を踏まえた オープンAPI導入に係る実務上の留意点
開催日時  :  2017-05-12(金) 9:30~12:30
匿名組合ファンド、投資事業有限責任組合ファンドの重要ポイント
開催日時  :  2017-05-11(木) 13:30~16:30
金融規制の基礎講座
開催日時  :  2017-05-11(木) 9:30~12:30
平成29年度労働行政運営方針の重要ポイントと対応の留意点
開催日時  :  2017-05-10(水) 13:30~16:30
基礎から学ぶ内部監査人のための管理会計・リスク管理手法
開催日時  :  2017-05-09(火) 13:30~16:30
自動運転が自動車金融ビジネスに与える影響
開催日時  :  2017-05-09(火) 10:00~12:30
債権法改正の影響とシンジケートローン契約のアップデート
開催日時  :  2017-05-08(月) 13:30~16:30
金融機関におけるロボティクス/AIの導入と活用事例
開催日時  :  2017-04-28(金) 10:00~12:30
金融機関におけるAIの活用と事業化に当たっての法的留意点
開催日時  :  2017-04-27(木) 13:30~16:30
孫正義氏が「一発OK」を連発した社内プレゼンのブラッシュアップ術
開催日時  :  2017-04-27(木) 10:00~12:30
米トランプ政権下のOFAC規制の最新動向と経済制裁デューディリジェンス実務
開催日時  :  2017-04-26(水) 9:30~12:30
2017年の金融マーケティング戦略
開催日時  :  2017-04-25(火) 13:30~16:00
再エネ設備等のセカンダリー取引における契約上の留意点
開催日時  :  2017-04-25(火) 9:30~12:30
従業員の不正発覚時における対応と、未然防止・早期発見に向けた平時の取組み
開催日時  :  2017-04-24(月) 13:30~16:30
電力およびガスシステム改革の今後の展望
開催日時  :  2017-04-24(月) 9:30~12:30
国内外の活用事例からみる人工知能の先端動向と未来予測
開催日時  :  2017-04-21(金) 13:30~16:30
一人私募投信および一銘柄投信
開催日時  :  2017-04-21(金) 9:30~12:30
平成28年改正銀行法・資金決済法等及び関係政令・内閣府令の重要ポイント
開催日時  :  2017-04-20(木) 13:30~16:30
本格化するアマゾンの金融事業戦略
開催日時  :  2017-04-20(木) 9:30~12:30
【施行直前!】 改正個人情報保護法施行に伴う 『金融機関の個人情報保護の実務』
開催日時  :  2017-04-19(水) 13:30~16:30
国内外の事例からみるデジタルヘルス分野における最新動向と今後の展望
開催日時  :  2017-04-19(水) 9:30~12:30
契約書と契約用語の正しい読み方・使い方
開催日時  :  2017-04-18(火) 13:30~16:30
地域包括ケアシステム構築と外部環境変化を捉えたシニアビジネスの展開
開催日時  :  2017-04-18(火) 9:30~12:30
「デジタル化」から読み解く!電気事業の未来図と東京電力グループの非連続な経営改革
開催日時  :  2017-04-17(月) 13:30~16:30
保険商品の販売勧誘実務に関する業法上・私法上の諸問題
開催日時  :  2017-04-14(金) 13:30~16:30
金融機関で取組みが始まっているITガバナンスの応用と事例研究
開催日時  :  2017-04-14(金) 9:30~12:30
金融監督指針、検査マニュアル等の読み方と有効な活用法 ≪基礎編≫
開催日時  :  2017-04-12(水) 13:30~16:30
資金決済ビジネスの最新法務
開催日時  :  2017-04-11(火) 13:30~16:30
アジア地域ファンド・パスポート(ARFP)
開催日時  :  2017-04-11(火) 10:00~12:30
金融機関における改正個人情報保護法と外部委託の実務
開催日時  :  2017-04-10(月) 13:30~16:30
すべてのビジネスシーンで使える「聞き手の心を動かす伝え方」
開催日時  :  2017-04-10(月) 9:30~12:30
海外プロジェクトファイナンスの実務≪重要テーマ編≫
開催日時  :  2017-04-07(金) 13:30~16:30
マネー・ローンダリング等防止態勢の構築に関する法的留意点
開催日時  :  2017-04-07(金) 9:30~12:30
金融機関におけるオペレーショナルリスクとこれを取り巻く最新の規制と内部管理
開催日時  :  2017-04-06(木) 13:30~16:30
改正個人情報保護法を踏まえた医療ビッグデータの利活用
開催日時  :  2017-04-05(水) 13:30~16:30
改正個人情報保護法の施行を巡る最新動向と企業に与える影響
開催日時  :  2017-03-30(木) 13:30~16:30
健康増進に向けた医療ビッグデータ活用のポイント
開催日時  :  2017-03-29(水) 9:30~12:30
金融機関における改正個人情報保護法全面施行への対応
開催日時  :  2017-03-28(火) 13:30~16:30
保険業界のための女性マーケティング
IoTを活用した新ビジネス創出の可能性と課題
保険代理店に求められる態勢整備の実務対応
金融業界のための女性マーケティング
保険オムニチャネルの最新動向
スマートフォン決済サービスの国内市場の普及に向けた課題