セミナー情報

SEMINIAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > 航空産業の最新動向と実現化の方策

航空産業の最新動向と実現化の方策

~デジタルトランスフォーメーションの取り組み~
このセミナーに申し込む
開催日時 2017-04-17(月) 9:30~12:30
講師 株式会社 三菱総合研究所
ものづくり革新事業センター
参与 チーフコンサルタント
奥田 章順 氏

早稲田大学理工学部理工学研究科修士課程修了、1983年4月株式会社三菱総合研究所入社 主に航空機、自動車等のインテグレーション産業の技術戦略・事業戦略、事業化支援等のコンサルを実施 北陸先端技術大学院大学客員教授、公益財団法人航空機国際共同開発促進基金理事、文部科学省「航空科学技術ロードマップ検討委員会」委員長、NEDO「環境適応型小型航空機用エンジン研究開発の技術委員、「環境適応型高性能小型航空機研究開発」の研究評価委員等をつとめる 現在、東京大学「航空イノベーション研究会」、経済産業省「航空機関連プロジェクト事後評価検討会」、NEDO「航空機用先進システム実用化プロジェクト 事業推進委員会」委員等

参加費 web申込み34,700円 (FAX・PDF申込み35,700円 消費税・参考資料含む)
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)[ 地図 ]
概要 近年、航空産業をはじめ多くの産業分野でDT(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが進められている。デジタルトランスフォーメーションにより、産業界だけでなく社会全体の様々な活動にICTが適用され、それらの活動や人との関係が大きく変わっていくことになる。IoT、ビックデータ、AIなどは、デジタルトランスフォーメーション実現化の手段と考えることができる。高度なインテグレーション産業である航空機産業においては、既にGE、Airbus、Boeingなどがデジタルトランスフォーメーションに取り組んでいる。しかし、一方でデジタルトランスフォーメーションを進めるにあたっては課題も少なくない。とりわけ、「人」の問題は重要である。ここでは航空産業を中心にデジタルトランスフォーメーションの動向やもたらされる姿、課題と対応策等について解説する。
セミナー詳細 1.航空産業のDigital Transformation概説
近年、航空機そのもののMEA(More Electric Aircraft)/AEA(All Electric Aircraft)化やICT化、ネットワーク化などが進展、Digital Transformationは航空産業全体で進みつつある。ここではDigital Transformationについて概説し、航空機の研究開発、設計開発/製造・量産、調達、運航、MRO、航空インフラ(航空管制、空港等)におけるDigital Transformationの動向について解説する。

2.航空産業のDigital Transformationの方向性
Digital Transformationは、航空機の研究開発から生産・量産、運航、MROなどバリューチェーン全体を包含し、かつ、それぞれが相互に密接に関連している。本項では航空機のバリューチェーンごとに、Digital Transformationに関連する技術、システム、仕組み・体制、主な研究開発プログラム等について解説、Digital Transformationの方向性、新たなビジネスモデルについて述べる。

3.キープレイヤーのDigital Transformation
航空産業のDigital TransformationをリードしているGE、Airbus、Boeing、IATAやエアラインなどにおけるDigital Transformationの事例について、技術、サービス、体制等について述べる。特にDigital Transformationは1社だけでは実現化できないため、いかに優れたパートナーと連携する体制を構築するかが重要となる。

4.Digital Transformation実現化の課題(7つの壁)
航空産業界に限らずDigital Transformationの進展の実現化は幾つかの課題がある。ここではDigital Transformation実現化の「7つの壁」について解説する。具体的にDigital Transformationの考え方、構想化、顧客、パートナー、体制、ビジネスモデル等の課題とその対応策について解説する。特に鍵を握るのは「人」である。

5.Digital Transformationがもたらす産業像
Digital Transformationは多くの事業機会を生み出すとともに、新たな産業構造をもたらすと考えられる。そして、こうした変化がもたらす産業像は、今後、企業が目指すべき一つの方向性を示している。ここではDigital Transformationのもたらす産業像と新たな事業機会について述べる。

6.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください
カテゴリ 事業戦略・マーケティング
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ  セミナー事業部
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
このセミナーに申し込む
※ カートやお申し込みフォームはSSLにより暗号化されています。個人情報が通信中に読み取られることはありません。
※ お申し込みフォームをご利用できない方は、以下のPDFを印刷し、FAX [ 03-3239-6545 ] にてお申し込みください。
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF PDF
2018年同時改定の先を見据えた対応
開催日時  :  2017-04-28(金) 13:30~16:30
金融機関におけるロボティクス/AIの導入と活用事例
開催日時  :  2017-04-28(金) 10:00~12:30
金融機関におけるAIの活用と事業化に当たっての法的留意点
開催日時  :  2017-04-27(木) 13:30~16:30
成長産業である民間航空・防衛業界の最新動向とファイナンス市場
開催日時  :  2017-04-26(水) 13:30~16:30
2017年の金融マーケティング戦略
開催日時  :  2017-04-25(火) 13:30~16:00
電力およびガスシステム改革の今後の展望
開催日時  :  2017-04-24(月) 9:30~12:30
国内外の活用事例からみる人工知能の先端動向と未来予測
開催日時  :  2017-04-21(金) 13:30~16:30
本格化するアマゾンの金融事業戦略
開催日時  :  2017-04-20(木) 9:30~12:30
国内外の事例からみるデジタルヘルス分野における最新動向と今後の展望
開催日時  :  2017-04-19(水) 9:30~12:30
地域包括ケアシステム構築と外部環境変化を捉えたシニアビジネスの展開
開催日時  :  2017-04-18(火) 9:30~12:30
「デジタル化」から読み解く!電気事業の未来図と東京電力グループの非連続な経営改革
開催日時  :  2017-04-17(月) 13:30~16:30
海外プロジェクトファイナンスの実務≪重要テーマ編≫
開催日時  :  2017-04-07(金) 13:30~16:30
改正個人情報保護法を踏まえた医療ビッグデータの利活用
開催日時  :  2017-04-05(水) 13:30~16:30
病院関係者のための経営改善戦略
開催日時  :  2017-03-29(水) 13:30~16:00
健康増進に向けた医療ビッグデータ活用のポイント
開催日時  :  2017-03-29(水) 9:30~12:30
株式市場から見た電力ガス石油業界の展望
開催日時  :  2017-03-24(金) 10:00~12:30
2017年のFinTech業界で起こりうるシナリオ
開催日時  :  2017-03-23(木) 13:30~16:30
電力・ガス既存事業モデルの陳腐化と新たな事業モデルへのシフトの可能性
開催日時  :  2017-03-21(火) 13:30~16:30
ヘルスケア産業政策の現状と今後の方向性
開催日時  :  2017-03-21(火) 10:00~12:30
リース会社の多角化と格付評価のポイント
開催日時  :  2017-03-16(木) 13:30~16:30
成熟期を迎えるカードローンビジネスに求められる新たな戦略
開催日時  :  2017-03-14(火) 13:30~16:30
米国発:フィンテック最前線
開催日時  :  2017-03-14(火) 9:30~12:30
顧客理解を起点とする、デジタル時代の新たなマーケティング
開催日時  :  2017-03-09(木) 13:30~16:30
保険業界のビジネスモデル変化と先進事例
開催日時  :  2017-03-02(木) 9:30~12:30
決済業務の高度化、FinTechと決済の最新動向と未来像
開催日時  :  2017-02-24(金) 9:30~12:30
保険業界のための女性マーケティング
IoTを活用した新ビジネス創出の可能性と課題
金融業界のための女性マーケティング
保険オムニチャネルの最新動向
スマートフォン決済サービスの国内市場の普及に向けた課題
TPPが生損保・制度共済に与える影響